大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてくださ い♪

童話

<<前のお話 したきりすずめ | きんたろう | 次のお話 こぶとりじいさん>>

きんたろう

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

むかし、むかし足柄山(あしがらやま)の山おくに金太郎という男の子とその母親が住んでいました。
金太郎は生まれた時から力が強く、元気のいい男の子でした。
森に住む動物と遊んだり、相撲をしたりして毎日を過ごしていました。
「くまさん、次は君の番だ。さあ、かかってこい。」
熊も金太郎にはかないません。相撲のあとは森の中でかけっこです。鹿と競争です。木登りは猿から教わりました。川では大きな鯉が友達で、鯉にまたがると急流下りです。
雨の日は、洞窟の中で、ねずみやりすやキツネやたぬきやさるやうさぎやくまたちとおしゃべりです。金太郎は森の人気者です。
「ぼくは、大きくなったら都へ行って、りっぱなさむらいになるんだ」
金太郎はさむらいになるために、クマに乗って、馬に乗る練習もしました。
「さむらいになるには、ちからがつよいだけではいけません。ちゃんとお勉強もするのですよ」
母親にそう言われて、金太郎は勉強もしました。
こうして大きくなった金太郎は都へ行きました。
そのころ、都では、鬼が出て、人をさらっていくので、みんなこわがっていました。
金太郎はそれを聞いて、
「僕がその鬼をやっつけてやる」
と、言いましたが、都の人は、それを聞いて笑いました。
「こんな子どもが、鬼をやっつけられるはずないよ。」
ある日、金太郎が山道を歩いていると、お姫様の乗った牛車(ぎっしゃ)が通りかかりました。
そこへ、鬼が飛び出してきて、お姫様をさらおうとしました。
「待て、悪い鬼め、僕が相手だ」
金太郎は、鬼を相手にたたかいました。
そして鬼をかかえあげ、ぶんとほうりなげました。
「ごめんなさい、ごめんなさい。二度と悪いことはしません」
鬼は、あやまり逃げていきました。
こうして、金太郎はお姫様と結婚し、りっぱなさむらいになりました。

<<前のお話 したきりすずめ | きんたろう | 次のお話 こぶとりじいさん>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧