大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてください♪

童話

<<前のお話 サルじぞう | キツネのまつげ | 次のお話 たいようとモグラ>>

キツネのまつげ

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

むかし、むかし、ある所に正直者で働き者のおじいさんが住んでいました。
でも今は、歳を取りすぎてもう働くことができなくなり、さらに悪いことに、最愛のおばあさんも数年前に亡くしてしまいました。
「もう歳で働けないな。貧しくて食べるものもないな。わしも早く天国のばあさんの所へ行きたいな。こんな惨めな生活をするくらいなら、きつねにでも食べられた方がましだな。」
おじいさんは、東の山に出かけて行って叫びました。
「東の山のきつねどん。わしを食べてくれ。」
きつねが答えました。
「正直者は食べません。」
おじいさんは、西の山に出かけて行って叫びました。
「西の山のきつねどん。わしを食べてくれ。」
きつねが答えました。
「働き者は食べません。」
おじいさんは、南の山に出かけて行って叫びました。
「南の山のきつねどん。わしを食べてくれ。」
きつねが答えました。
「妻を亡くした者は食べません。」
おじいさんは、北の山に出かけて行って叫びました。
「北の山のきつねどん。わしを食べてくれ。」
きつねが答えました。
「貧乏で、食べるものもない者は食べません。代わりに、きつねのまつ毛をやりましょう。まつ毛を持って、人を見ると、人の心が見えます。」
おじいさんは、村に戻って、言われたとおりしてみると、驚いたことに、何と人の考えていることがわかるではありませんか。
親切な人は、ほんの数人しかいませんでしたが、近所にいるおじいさんを助けてくれました。
おじいさんは、天国に召されるまで幸せな余生を過ごしましたとさ。

<<前のお話 サルじぞう | キツネのまつげ | 次のお話 たいようとモグラ>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧