大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてください♪

童話

<<前のお話 えからぬけでたうま | おおきな木とむすめ | 次のお話 おきぬ>>

おおきな木とむすめ

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

むかし、むかし、ある所に、貧しい娘さんとおばあさんが住んでいました。
娘さんは幼いときに両親を亡くし、朝早くから、夜遅くまで長者さんの家で働いていて、夕飯を毎晩そこでいただき、残りを少しおばあさんに持って帰りました。
ある雨の日、娘さんは家に帰る途中、大きな木の下で雨宿りをすると、その木が娘さんにささやきました。
「娘さん、とても働き者ですね。よく聞きなさい。私は三日後に、領主の命(めい)で木こりにきられて、三ヵ月後大きな船になり海に運ばれます。」
「まあ、かわいそう。」
「しかし、海に入れてるとき、私は決して動きません。たくさんの人が困るでしょうから、あなたが出ていって、『船よ、動け。いっち、にい、さん。』と言いなさい。私は、ゆっくりと海に出て行きます。領主から褒美が沢山もらえるでしょう。」と木が言いました。
大きな木は、三日後本当にきられ、三ヵ月後大きな船になりました。
船を海に入れる日になり、大勢の人が船を海に出そうとしましたが、どんなに一生懸命、何人がかりで押しても、船はびくともしなかったので、領主からお触れが出されました。
『船を海に押し出したものに、褒美を取らせる。』と。
娘さんが申し出ると、みんなが笑って、こう言いました。
「船を動かせるって。大勢の男でも動かないのに。」
「船が動くなら誰でもよい。」と領主が言いました。
大勢の人が見ている中、娘さんは船のへさきに立つと、大声で「船よ、動け。いっち、にい、さん。」と言いました。
何と、船が少しずつ動き出し、海の上に浮かんだではありませんか。
「何と不思議な娘だ。」みんなが、領主も含めて、声を上げました。
「私は、決して不思議ではありません。ただ木が言ったんです・・・」娘は静かに言いました。
「約束どおり、褒美を取らせよう。何が望みだ。遠慮なく言いなさい。」
「私には、六十歳のおばあさんが家におります。貧しくて、米や着物を買うお金がありません。」
「そうか。」と領主。
次の日、領主は、たくさんの米と着物を、娘さんの家に送り、それから娘さんは、おばあさんと幸せに暮らしたとさ。

<<前のお話 えからぬけでたうま | おおきな木とむすめ | 次のお話 おきぬ>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧