大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてください♪

童話

<<前のお話 かまいけ | かわずにょうぼう | 次のお話 きしぼじん>>

かわずにょうぼう

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

むかし、むかし、ある所に若者がおり、そろそろお嫁さんをもらって家庭を築きたいと思っていました。
男はいつもこんな風に言っていました。
「明るく働き者の娘(こ)と一緒になりたいな。」
念願かなって、男は近所の人の紹介でお嫁さんをもらいになりました。新婦はいつも笑顔で朗らかで、毎日朝から晩までよく働きました。男はすっかり気に入り幸せに13年が経ちました。
ある日、妻が夫に言いました。
「明日は死んだお父さんの十三回忌です。お暇をとってよいでしょうか。」
「勿論だよ。お前はここに来てから一回も帰ってない。2,3日実家でゆっくりしておいで。」と言ってふと思いました。
「妻はどこからきたのだろう。家のことや、親のことや、子供時代のことは何も聞いていない。」
次の朝、妻は家を出ると足早に実家に向かったので、夫はこっそり後を追いました。
「どこに行くんだ。ここからは田んぼしかないぞ。」
田んぼのまん中に来ました。かえるの鳴き声があちこちから聞こえてくる中、妻は立ち止まって宙返りをすると、かえるになり田んぼに入りました。
夫はとても驚いて田んぼのあぜに腰を落とし、しばらく考えた後、石を拾うと田んぼに向かって投げました。一瞬、静かになり、夫は必死に走って家に帰りました。その晩、妻も帰って来ました。
「法事は無事終わったかい。」
「法事の最中にとんでもないことが起きたの。石が空から降ってきて、お坊さんの頭に当たって怪我をして、法事は延期になったの。」
「そうか。田んぼで石を投げたのは俺なんだ。」夫は妻の顔を見て言うと、
「そうだったんですか。」妻は悲しそうな顔でそう言うと、宙返りをしてかえるになり、二度と戻って来ることはありませんでした。

<<前のお話 かまいけ | かわずにょうぼう | 次のお話 きしぼじん>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧