大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてください♪

童話

<<前のお話 ふろにタクワン | たのく | 次のお話 てんにのぼったおとこ>>

たのく

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

むかし、むかし、あるところに田野久(たのく)という役者が住んでいました。病気の母を見舞いに故郷に帰るところでした。
山のふもとの茶屋に着いたときはもう日が暮れていましたが、田野久は今夜中に山を越えたいと思っていました。
「夜、山を越えてはいけません。大蛇に食われてしまうぞ。」
と茶屋のばあさんに言われましたが、田野久はお母さんのことが心配で夜中に山越えをすることにしました。
でも田野久は蛇が大の苦手で、山の中はまっくらでした。
その時、ピカと何かが光ると大きな男が出てきました。
「お前はだれだ。」
と大男がたずねました。
「た、た、たぬきゅー」
田野久はびっくりして答えました。
「たぬき? 」
田野久をたぬきと聞き違えました。
「たぬきだったら、ここで化けられるだろう。」
田野久は困りましたが、自分が役者だということを思いだしました。
「ちっと後ろを向いてて。」
と言うと田野久は着物とかつらをつけて若い女性になりました。
大男は大満足し、自分の本当の正体を見せてやりました。
田野久は気絶してしまいました。大男は大きなへびだったのです。
しかしこの大きな蛇はとても親切な蛇で、田野久が目がさめるとこう言いました。
「安心しなさい。たぬきは食わん。」
田野久はほっとするとたばこに火をつけました。すると、へびは震えだしました。
「やめてくれ。けむりは大嫌いだ。たばこは恐い。もしこのことをみんなに言ったらただではすまないぞ。」
しばらく考えて田野久は言いました。
「私はお金が恐い。」と。
村に降りた田野久はみんなに大きな蛇のことを話しました。直ちに、村人はみんなたばこをふかしながら山へ登って行きました。
へびはけむりに苦しみながら田野久に復讐することにしました。そして田野久めがけて小判をどんどん投げました。
「お金が恐い。とてもお金が恐い。おかねが恋しい。」
こうして田野久はお金持ちになりました。

<<前のお話 ふろにタクワン | たのく | 次のお話 てんにのぼったおとこ>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧