大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてください♪

童話

<<前のお話 ちんもくはカネにあらず | たからゲタ | 次のお話 びんぼう神とふくの神>>

たからゲタ

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

むかし、むかし、ある所に、心やさしい子供が住んでいました。しかし、子供のおじは欲張りでした。
お母さんが病気になり、子供はおじの所へ行ってお金を借りてきましたが、看病しても母の病気は良くならず、お金を使い果たしてしまいました。
そこで子供は再び、おじの所へお金を借りに行きました。
「おじさん、お母さんはまだよくなりません。お金がかかります。またお金を貸して下さい。」
「お金を返せない者には、お金は貸せないな。」と言って、おじはお金を貸してくれませんでした。
子供は、帰り道、大きな木の下で、どうしたら良いのか途方に暮れていると、いつの間にか眠ってしまい、夢を見ました。夢には神主のおじいさんが出てきて、
「若者よ。何をそんなに深刻に考えておる。」
「お母さんが病気でお金に困っております。」
おじいさんは、風呂敷から下駄を一足取り出したので、良く見てみると二つの下駄の大きさが少し違っていました。
「この下駄を履いてみなさい。歩きづらくて、すぐ転がってしまいます。転がると、下駄からお金が出てきます。でも転がる度に背が小さくなります。困った時だけ転がりなさい。」
子供が、目を覚ますと、何と目の前に下駄があるではありませんか。下駄を履いて歩いてみると、すぐに転がってしまいました。すると下駄の下にお金が出てきたので、子供は、さっそくお母さんのくすりと米を少々買いました。
数日経った日、おじが、貸したお金を取りにやってきたので、子供は、下駄のことをおじに話しました。
「そいつはすごい。よし、お金の代わりにその下駄をよこしな。」
「だめだ。この下駄は絶対だめです。」
おじは話を聞こうとせず、結局下駄を取り上げると家に帰ってしまいました。
家に帰ったおじは、さっそく部屋の中で下駄を履いて、畳の上で何度も転がりました。部屋中、お金が一杯になって、大満足。でも転がる度に、背がどんどん小さくなって行くのに気がつきませんでした。
子供は、おじのことが心配になって、行ってみると、
「おじさん。どこにいるんだい。」
「ここだよ。ここだよ。」
子供は、小さな声のする方へ行くと、お金であふれた部屋のすみで、小さくなったおじが何度も何度も転がっておりました。

<<前のお話 ちんもくはカネにあらず | たからゲタ | 次のお話 びんぼう神とふくの神>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧