大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてください♪

童話

<<前のお話 ゆうれいのタマゴ | しったかぶり | 次のお話 はなしのすきなおとのさま>>

しったかぶり

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

むかし、むかし、海辺の村におじいさんが住んでいました。おじいさんは、物知りを自慢していました。
ある日、ヤカンが浜に流れてきたので、村人達は、初めて目にするもので、おじいさんに聞いてみました。
「これは、何に使うもんじゃろ。」村人がたずねました。
「わからないのか。これはな、戦の時使うかぶとじゃな。」
別の村人が、今度はヤカンの取っ手を持って、たずねました。
「それじゃ、これは何に使うもんじゃろ。」
「どれどれ。これはあご止めじゃな。」
また別の村人が、今度はヤカンの蛇口を持って、たずねました。
「それじゃ、これは何に使うもんじゃろ。」
「どれどれ。これは補聴器じゃな。お侍さんが、このかぶとを被ると、何も聞こえなくなる。そこで、長い耳が必要なんじゃな。」とおじいさんは答えました。
「それじゃ、どうして一つしかないんじゃろ。」
「愚か者めが。二つあったら、お侍さんは枕で眠れないじゃろ。一つあれば十分聞こえる。」
村人たちは、おじいさんの物知りに感心しました。

<<前のお話 ゆうれいのタマゴ | しったかぶり | 次のお話 はなしのすきなおとのさま>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧