大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてください♪

童話

<<前のお話 ウサギとカメ | きたかぜとたいよう | 次のお話 すっぱいぶどう>>

きたかぜとたいよう

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

あるひのこと、きたかぜが たいように ちからじまんをしています。
きたかぜが いいました。
「ぼくは どんなものでも かんたんに ふきとばすことが できるよ。せかいで いちばんの つよいのは やっぱりぼくだね。」
すると たいようは いいました。
「ふふん。たしかに きみは ちからもちだ。でも、いちばん っていうのは どうかな?」
そこで ふたりは ちからくらべを することに しました。
「よし、それでは ちから くらべを してみよう。あそこを あるいている たびびとの きている ふくを ぬがせたほうが かちだよ。」
「よし、いいだろう。さいしょは きたかぜくん、 きみの ばんだよ。」

きたかぜは ちからを こめて たびびとに かぜを ふきかけます。
たびびとのふくを ふきとばそうと 考えたのですが、たびびとの ふくは ぬげません。
「ああ、今日はなんて さむいひなんだ。」
きたかぜは さらに ちからを こめて かぜを ふきつけます。
「ぶうぉー! ぶうぉー!」
ところが ふくを ふきとばすどころか、たびびとは さむがって コートを さらに着てしまったのです。
「あー さむい さむい!」
たびびとは、風にとばされないよう服をしっかり押さえてしまい、きたかぜは とうとう あきらめました。
「きたかぜくん。どうやら だめなようだね。さ、こんどは ぼくの ばんだよ。みていて ごらん」

たいようは そういうと さんさんと かがやきはじめたのです。
ひえきった そのばしょは みるみると あたたかく なっていったのでした。
「あー、あつい、あつい。きょうは なんという ひだ!さむくなったり あつくなったり!もう、たまらん!」
そういうと たびびとは おもわず ふくを ぬいでしまいました。
それをみた きたかぜは たいように いいました。
「なんでも ちからずくで すまそうとした ぼくが まちがっていたね。ぼくの まけだよ。」
きたかぜは はんせいし それからというものじぶんの ちからを じまんすることは にどと なくなったのです。

<<前のお話 ウサギとカメ | きたかぜとたいよう | 次のお話 すっぱいぶどう>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧