大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてください♪

童話

<<前のお話 ももたろう | はなさかじいさん | 次のお話 さるかにがっせん>>

はなさかじいさん

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

昔、昔あるところにやさしいおじいさんが住んでいました。
おじいさんはポチと言う犬を飼っていました。
ある日、おじいさんはポチと山に出かけたところ、突然ポチが吠えだしました。
「ここほれワンワン。ここほれワンワン。」
「どうしたんだ。よしよし掘ってみよう。」
「こりゃたまげた。金貨が出てきた。ありがとうよ、ポチ。おまえは本当にあたまのいい犬なんだな。」
このことを聞くといじわるな、隣のおじいさんはポチをこっそり山につれて行くとポチに吠えさせました。
「ここほれ。」とポチは小さく吠えました。
「ここだな。金貨を見つけて金持ちになるぞ。」
いじわるなおじいさんがポチのないていた場所を掘ると、そこからわれたかわらや茶わんがたくさんでてきました。
いじわるなおじいさんはおこってポチをなぐりころしていしまいました。
それを知ったおじいさんは、ポチがかわいそうなので庭に墓を作ってやると、不思議なことが起こりました。
ポチのお墓から、大きな木が生えてきて、見る間に大きくなりました。
おじいさんは、その木を切って、ウスを作りました。
そして、そのウスでおもちをつくと、なんと、おもちが小判に変わったのです。
これを聞いて、いじわるなおじいさんはこっそりウスを盗み出しおもちをつくりました。
しかし何も起こらないので、いじわるなおじいさんは怒ってウスを燃やしてしまいました。
やさしいおじいさんは残念がり、その灰を家に持ち帰りました。
やさしいおじいさんは、かれたサクラの木に登って、ウスの灰をまきながら言いました。
「枯れ木に花をさかせましょう。枯れ木に花をさかせましょう。」
すると、それまでかれていた木にサクラの花がいっせいにさきました。
それを見たお殿様は、喜んで、やさしいおじいさんにたくさんのごほうびをくれました。
これを聞いたいじわるなおじいさんは、残った灰を持って、木に登り、お殿様が通りかかった時にいいました。
「私こそ、桜の木を咲かせる名人です。これから咲かせましょう。」と灰をまきました。
しかし何も起こらず、さらに悪いことに、お殿様の目に灰が入ってしまいました。
お殿様は大変怒っていじわるなおじいさんをろうやに入れてしまいました。

<<前のお話 ももたろう | はなさかじいさん | 次のお話 さるかにがっせん>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧