大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてください♪

童話

<<前のお話 はなさかじいさん | さるかにがっせん | 次のお話 いっすんぼうし>>

さるかにがっせん

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

昔、昔あるところにカニが住んでいました。
ある日、カニは道でおむすびを見つけ、それを持って家に帰る途中、さるに呼びとめられました。
さるは柿の種を持っており、
「カニさん、どうだ、この柿の種とおむすびを取りかえっこをしないか。」
さるはおむすびが食べたかったので、カニから無理やりおむすびと柿の種を交換してしまいました。
カニは家に帰ると、柿の種を庭にまいて毎日水をかけてやりました。
「早く芽を出せ、柿の種。出さぬとはさみでちょんぎるぞ」
そうカニさんが歌うと、みるみる芽が出てきました。
またカニさんはうたいました。
「早く実よなれ、柿の木よ、ならぬとはさみでちょん切るぞ。」
すると、あっというまにたくさんの実がなりました。
ところがまたさるがやって来て、
「よしよし、おいしそうな柿がたくさんできたね。カニさんちょっと待ってて。いま木に登って取ってきてあげるよ。」
そう言ってさるは木に登ると柿を全部取って食べ始めたので、
「おい、おい、自分ばかり食べないで、早くここへもほうっておくれよ。」
そういわれたので、さるはカニにしぶ柿を思い切り投げつけ、カニは大ケガをしてしまいました。
それを知ったカニの子供たちがお母さんの復讐に立ち上がり、友達のうすさんとはちさんと針さんとくりさんにも応援を頼みました。
さるのいない間に家に隠れ、さるが帰ってくるのを待ちました。
しばらくしてさるが帰ってきて、家に入ると、いろりの前に座りました。その時です、焼けたくりがさるのお尻にはじけました。
「あちちちち、いたたたた。」
さるはあわてて、水の入ったおけのところに行きました。
すると今度は、はちが飛び出しさるの肩をさしました。
「いたたたた。これはたまらん」
さるは水がめのところに走ると、今度は、カニたちが下から出てきてさるの体によじ登り, はさみで毛やはだや耳をつかみました。
「いたたたた。」
さるは家から飛び出すと、
今度は、大きなうすが屋根の上から、うんとこしょとさるの上に落ちました。
「どうだ。悪いさるめ。カニさんにあやまれ」
「ごめんなさい、ごめんなさい。もう二度とカニさんをいじめません。」
サルさんは、泣いてカニさんにあやまりました。

<<前のお話 はなさかじいさん | さるかにがっせん | 次のお話 いっすんぼうし>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧