大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてください♪

童話

<<前のお話 いっすんぼうし | かちかちやま | 次のお話 おむすびころりん>>

かちかちやま

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

昔ある所に畑を耕しているおじいさんとおばあさんがいました。
畑には毎日、いたずらなタヌキがやってきて悪い事を繰り返しました。
おじいさんは罠でタヌキを捕え、おばあさんに捕まえたたぬきを狸汁にするように言って畑仕事にいきました。
タヌキはおばあさんに、
「もう悪さはしない、家事を手伝う」
と言ってうそをつき、縄を解かせて自由になると、なんと助けてくれたおばあさんを殴りました。
「ははーん。バカなババアめ、タヌキを信じるなんて」
タヌキはそう言って、裏山に逃げていきました。
しばらくして帰ってきたおじいさんは、倒れているおばあさんを見てビックリ。
「おばあさん! おばあさん! ああ、なんて事を」
これを聞いたウサギは、親切なおばあさんの仇をうつことにしました。
うさぎはたぬきをしばかりに誘い、たぬきにたきぎを背負わせ、
「たぬきさん、家までたきぎを運ぶのを手伝ってくれないか。」
そう言って、うさぎは、こっそりと背中のたきぎに火をつけました。
「カチ、カチ。」
「おや? ウサギさん、今の『カチカチ』と言う音はなんだい?」
「ああ、この山はカチカチ山さ。だからカチカチというんだ」
そのうちに、タヌキの背負ったたきぎは、大きく燃えだしました。
たぬきは背中におおやけどをしました。
次の日、ウサギはとうがらしをねって作った塗り薬をもって、タヌキの所へ行きました。
「たぬきさん、やけどの薬を持ってきよ。」そういって薬を塗ると、
「いたいー!!!」
たぬきはさけびました。
次の日、うさぎはたぬきをだまして、魚釣りにさそい、泥の舟を作らせました。
「たぬきさん、うさぎだよ。魚を食べたくないかい。私は木の船を作るから、たぬきさんはどろの舟を作りなよ。体が大きいからどろの舟の方がいいよ。」
そういわれたぬきは泥の舟をつくり、乗ってみると、泥がくずれ川の中に沈み始めました。
「うわーっ、助けてくれ! 舟が溶けていくよー!」
大あわてのタヌキに、ウサギは、
「おばあさんをいじめたバツだ」というと、
「ごめんなさい。ごめんなさい。もう二度と悪さはしません。どうか、助けてください」
タヌキがいっしょうけんめいあやまったので、ウサギはタヌキを助けてあげました。
そしてタヌキを連れておじいさんとおばあさんの家に行き、
「おじいさん、おばあさん、この前は悪いことをしました。どうか許してください」
と、タヌキがあやまったので、それからはみんな仲良く暮らしましたとさ。

<<前のお話 いっすんぼうし | かちかちやま | 次のお話 おむすびころりん>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧