大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてください♪

童話

<<前のお話 かちかちやま | おむすびころりん | 次のお話 わらしべちょうじゃ>>

おむすびころりん

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

昔々あるところに、こころのやさしいおじいさんとおばあさんがいました。
おじいさんはいつものように山へしばかりに行きました。
よっこいしょ どっこいしょ よっこいしょ どっこいしょ 
たくさん木をきったのでお腹がすきました。
「さて、おばあさんが作ってくれたおむすびを食べようかのう」
切り株に座ったところ、おむすびの入ったつつみからおむすびがひとつ転がり落ちてしまいました。
おむすびはころころころりと山を転がり落ちていきます。
「大事なおむすび、待て待て~」
おじいさんはおむすびを追いかけます。
転がり続けたおむすびは、大きな木のそばの穴の中へ入ってしまいました。
おじいさんはその穴をのぞいてみますが、真っ暗でよく見えません。
すると穴の中からは楽しそうな声が聞こえてきました。
「おむすびころりん うれしいな」
「おむすびころりん うれしいな」
驚いたおじいさんは、残りのおむすびをまた穴の中に入れてみました。
「おむすびころりん うれしいな」
「おむすびころりん うれしいな」
穴の中からはさらに楽しそうな声が聞こえてきます。
穴の中の声が気になったおじいさんは、
穴の中に入ってみることにしました。
「えいっ」
とおじいさんは穴の中をころころころりと転がり落ちていきました。
穴の底にはたくさんのねずみが住んでいました。
ねずみたちはおじいさんが落としたおむすびをおいしそうに食べていました。

「おじいさん、おいしいおむすびありがとう!」とねずみたちが言いました。
「そうかそうか、おいしく食べてくれて嬉しいよ」

それからおじいさんは毎日おむすびを穴に落としてあげました。
「おむすびころりん うれしいな」
「おむすびころりん うれしいな」

おじいさんは、毎日ねずみの楽しそうな声を聞いていました。
ある日、ねずみたちが穴から出てきておじいさんに言いました。
「おじいさん、いつもおいしいおむすびをありがとう。お礼にこの箱をさしあげます。」
「ネズミさん。ありがとう。」
おじいさんは箱を持って家に帰りました。
家で箱をあけてみると、箱の中にはたくさんの小判が入っていました。
それからおじいさんとおばあさんはいつまでも幸せに暮らしました。おしまい

<<前のお話 かちかちやま | おむすびころりん | 次のお話 わらしべちょうじゃ>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧