大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてくださ い♪

童話

<<前のお話 したきりすずめ | きんたろう | 次のお話 こぶとりじいさん>>

きんたろう

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

むかしむかし、あしがら山に金太郎という優しく、力の強い男の子がいました。

金太郎は小さいころから力持ちで、 いつも山の中で動物たちと遊んでいました。
ある日、動物たちのなかで一番強いクマとすもうをすることになりました。
「はっけよーい、のこった!」
「うんーそれー」ドッターン

なんと、きんたろうはクマも投げ飛ばしてしまいました。
動物達と綱引きをしても金太郎にかなう相手はいません。

ある日、金太郎は母親からまさかりをもらいました。
そのマサカリでまきわりをして母親の手伝いをしました。

せっせとまきわりをしているきんたろうに動物たちは
森の中の果物をとりにいこうとさそいました。
「よし、いこうか」
きんたろうは動物たちと元気よくでかけました。
しばらくいくと「あれっ、橋がおちてる!」
がけにやってきたきんたろうたちは困ってしまいました。
「よし、みてろ それー」
なんと、きんたろうは木をたおして橋にしてしまいました。

そんな金太郎のうわさを聞きつけた都の武士が
金太郎をたずねてあしがら山までやってきました。
「あなたの力の強さには驚いた。きっと立派なぶしになれるでしょう。」
「どうかね、私と一緒に都へこないか」
と都の武士に言われた金太郎は武士になるために、都へ行くことに決めました。

「ぼくは都でりっぱなぶしになります」
金太郎はそう母親に告げると、あしがら山の動物たちにお別れを言い、都へ行きました。

そして金太郎は心優しく立派なぶしになりました。おしまい

<<前のお話 したきりすずめ | きんたろう | 次のお話 こぶとりじいさん>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧