大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてくださ い♪

童話

<<前のお話 きんたろう | こぶとりじいさん | 次のお話 いなばのしろウサギ>>

こぶとりじいさん

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

昔、昔あるところに大きなこぶをもつおじいさんが住んでいました。
ある日おじいさんは山へしばかりに行きました。
突然雨が降ってきたので、おじいさんは小さなお堂の中に逃げ込み、そのままおじいさんは眠ってしまいました。
お堂の外のにぎやかな音でおじいさんは目を覚ましました。見てみると、沢山の鬼たちが音楽に合わせて踊ったり、お酒を飲んだりしていました。
「これはおもしろい、どれ、私も一緒におどってみようか」
そう思い、おじいさんはお堂から出ると鬼たちの輪の中に入ってしまいました。
おじいさんの踊りのうまさに鬼たちも大喜びしており、夜が明ける頃、鬼のかしらがおじいさんに言いました。
「おい、じいさん、実に踊りが上手じゃ。ほうびに宝物をやろう。また明日の夜来なさい。それまでお前さんのこぶを預かっておく。」
と言って鬼はおじいさんのこぶを取ってしまいました。
おじいさんは家に帰ると今日のことをおばあさんに話しました。
ところが隣りに住んでいるいじわるじいさんが聞いていました。
いじわるじいさんにも大きなこぶがついていました。
次の夜、いじわるじいさんはお堂に隠れると鬼が来るのを待ちました。
しばらくすると鬼たちがあらわれ、踊り始めましたが、
いじわるじいさんは鬼が恐くてしかたありません。
でもこぶを取ってもらいたいので鬼の輪の中に入って踊り始めました。
でも踊りも歌もとても下手です。
鬼たちはとても怒って、
「やめろやめろ。全然うまくないじゃないか。このこぶを返してやるからもう来るなよ」
そういって、鬼は前におじいさんから取ったこぶをいじわるじいさんにひっつけました。
いじわるじいさんはこうして2つのこぶをつけて泣きながら帰っていきました。

<<前のお話 きんたろう | こぶとりじいさん | 次のお話 いなばのしろウサギ>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧