大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてくださ い♪

童話

<<前のお話 ねずみのよめいり | ゆきおんな | 次のお話 しょうじょうじのたぬきばやし>>

ゆきおんな

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

むかし、むかし北の国に住む一人の若者が父親と雪の中、狩に出かけました。
突然、天気が悪くなったので、二人は山小屋で夜をあかし、天気が回復するのを待ちました。
真夜中のことです。寝ていると入り口がバタンとあき、白い着物を着た一人の色白の女の人がそこに立っていました。
若者が話しかけようとすると、その女の人は父親に白い息を吹きかけたところ、父親はたちまち白くなると一瞬に凍ってしまいました。
雪女に、若者は身動きできませんでした。
「若いもの、お前は助けてやるが、今日のことは決して誰にも話してはいけない。」
そう言うと雪の中に消えてしまいました。
次の朝、目が覚めると父親は凍って死んでいました。
それから一年が経ったある雨の日のことです。美しい女の人がのきしたで雨宿りしていました。
若者は女の人を家の中に入れてあげるといきさつを聞いたところ
「名前はなんという。これからどこにいくのか。」
「名前は「おゆき」と言い、私には身内はいません。これからいくところもありません。」
それを聞いて心配した若者はしばらく家におゆきをおいておくことを決めました。
二人はやがて恋に落ち、結婚して子供もでき、幸せな日々を送っていました。
ある雪の日のこと、若者はうっかりとあの日の山小屋でのことを話してしまいました。
お雪はかなしい顔で言いました。
「あれほど話してはいけないと言ったのに話してしまいましたね。」
そういうと、お雪は彼のもとから消えました。おゆきこそ雪女だったのです。
それ以来おゆきの姿を見たものは一人もいませんでした。

<<前のお話 ねずみのよめいり | ゆきおんな | 次のお話 しょうじょうじのたぬきばやし>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧