大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてくださ い♪

童話

<<前のお話 ねずみのすもう | うみのみずはなぜしょっぱい | 次のお話 あかたろう>>

うみのみずはなぜしょっぱい

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

むかし、二人の兄弟が住んでいました。
弟は貧しく、暮らしに困っていました。
年越しの晩、弟はどうしようかと困っていたところ、ある一人のおじいさんに会い、こう言われました。
「この先にある山のお堂で、このおまんじゅうと石のひきうすを交換してもらいなさい。」
そういわれおじいさんはおまんじゅうをわたしました。
弟は言われたとおり山のお堂でおまんじゅうと石のひきうすを交換してもらいました。
またおじいさんに会いにいき、ひきうすと交換してもらったことを伝えると、
「おー、これじゃこれじゃ。このひきうすはな、みぎにまわすと ほしいものが いくらでもでてくるんじゃ。とめたいときは ひだりに まわせばいい。」
それを聞いて弟は家に帰り、さっそくそのうすを引いてみました。
「こめ 出ろ! こめ 出ろ!」
と いいました。すると おどろいた おどろいた。
ほんとうに ひきうすからは おこめが ザァーザァー おとをたてて あめのように ふきだしてきたではありませんか。
そのうすをひくと、なんでも望みがかない、弟はお金持ちになりました。
ある日、兄がそのうすを盗み出し、舟で海の上に持って行った。
「はははははー。これがあればなんでも出てくるぞ。まんじゅう出ろ、まんじゅう出ろ」
そういって兄は嬉しくて甘い物を食べているうちに塩からいものがほしくなりました。そこで、
「塩出ろ、塩出ろ」
と言うと、 まっしろな 塩が ザワザワ ザワザワと 山のように ふきでてきました。
みるみるまに 舟は しおの山で 今にも あふれそうです。
兄は弟が まんじゅうを だしたとき ひだりにまわせば とまるのを みておかなかったのです。
「ワァ~ だれか たすけてくれ~!だれか しおを とめてくれ~!!」
とうとう しおは ふねから あふれ、 ふねは しおのおもみで ブクブク しずんでしまいましたとさ。
それで、今でも海の水が塩からいのです。

<<前のお話 ねずみのすもう | うみのみずはなぜしょっぱい | 次のお話 あかたろう>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧