大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてくださ い♪

童話

<<前のお話 てんぐのかくれみの | おにはうち、ふくはそと | 次のお話 二くみのりょうしんをもつむすめ>>

おにはうち、ふくはそと

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

むかし、むかし、ある所に貧しいお百姓さんとそのおかみさんが住んでいました。
今日は節分ですが、貧乏で、家から鬼を追い出す豆もありません。
「福は内、鬼は外。鬼は外、福は内。」元気な声が隣りから聞こえてきます。
「わしも豆をまきたいの。」とお百姓さんがおかみさんに言うと、
「私もよ。でも豆がないわ。情けないね。」
すると、お百姓さんは空の枡を持って立ち上がり、「福は外、鬼は内。鬼は内、福は外。」と必死に叫びました。
家の外で、赤鬼さんと青鬼さんが、それを聞き、その家に飛び込みました。
「お、お、鬼が来た。」とお百姓さんとおかみさんは、たいそうビックリして腰が抜けてしまいました。
「恐がることはない。俺達は、どこへ行っても豆を投げつけられ、追い出されてしまう。どこにも行くところがない。しばらくおかせてくれ。」
「だ、だ、だめです。・・う、うちには寝る布団がありません。」
「それに、食べる米もありません。」お百姓とお上さんは首を振り振り言いました。
赤鬼は、これを聞くと笑いだし、
「心配するな。お前に俺の虎の短パンをやる。米屋に持って行って米と換えてこい。」
そういって、赤鬼は短パンを脱いで渡し、おかみさんは、鬼の虎の短パンを持って町の米屋に出かけました。
「何、これは本物の赤鬼の短パンか。」
と主人は言うと、しばらく念入りに見たり、触ったりしました。
「おお、なんとこの虎の短パンは最高だ。」
主人は、かご一杯の米を渡し、お上さんはそれを持ち帰ると米をたき、鬼に出しましたが、鬼はあっという間に米を全部食べきってしまったので、次の朝、おかみさんは鬼に言いました。
「もう米を食べきってしまいました。もうお帰りになって下さい。」
青鬼は、これを聞くと笑って、
「心配するな。お前に俺の熊の短パンをやる。また米屋に持って行って米と換えてこい。」
そういって、青鬼は短パンを脱いでおかみさんに渡しました。
おかみさんは、さっそく青鬼の熊の短パンを持って町の米屋に出かけ、
「何、これは本物の青鬼の短パンか。」と主人は、しばらく念入りに見たり、触ったりしました。
「とにかく、この熊の短パンは最高だ。鬼の短パンが二つも手に入るとはな。家の家宝にしよう。」
主人は、嬉しくて、馬を借りてくると、馬が運べるだけの米をくれたので、おかみさんは、お昼に米を炊き、鬼は全部たいらげてしまいましたが、お米はまだ沢山残っています。
「晩ご飯には、ご飯とおいしいおかずも出したいな。」おかみさんは、お米を売って魚と野菜と酒を買いました。
「うわ。今日の食事はすごいな。」と、鬼達は食卓の上に載っている山のような食べ物に驚きました。
「ご飯とお酒、好きなだけ召し上がってくだされ。」とおかみさんは鬼に酒をつぎます。
「今夜は豪華な祝宴じゃ。お前達も、食って飲め。」と赤鬼が二人に言いました。
赤鬼と青鬼は、しらばくすると歌ったり踊ったりし始めたので、お百姓とおかみさんもたくさん食べたり飲んだりしました。
次の朝、節分も終わり、辺りは静まり、
「節分も終わった。山に帰る頃じゃ。」と赤鬼。
「豆まきされずに、ここで数日の素晴らしい日々を過ごせた。」と青鬼。
「もし、良かったら、好きなだけここに居て下さっても結構ですよ。」とおかみさん。
「そうです。私どもも腹一杯食べたり飲んだりすることができましただ。米がなくなるまでここに居てくだされ。」とお百姓さん。
「残念ながら、それはできん。米をお金にかえて、そのお金で一生懸命働け。」と赤鬼。
「鬼でも貧しい人間は助ける。」
鬼達は静かに家をあとにし、それからお百姓さんとおかみさんは、鬼に言われたように一生懸命働きました。
そして、まもなく村一番のお金持ちになりました。

<<前のお話 てんぐのかくれみの | おにはうち、ふくはそと | 次のお話 二くみのりょうしんをもつむすめ>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧