大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてください♪

童話

<<前のお話 あまのいわや | うりこひめ | 次のお話 えからぬけでたうま>>

うりこひめ

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

昔、昔あるところにおじいさんとおばあさんが住んでいました。
ある日、おばあさんが川に洗濯に行くと、川から大きなスイカが流れてきたので、おばあさんはさっそく家に持ち帰りました。
しばらくするとおじいさんが山から帰ってきて、
「おじいさん、今日は大きなスイカを川でみつけましたよ。一緒にいただきましょう。」
と言ってスイカを包丁で切ろうとしたところ、スイカが割れて中からかわいらしい赤ちゃんが出てきました。
子供のいない二人にはとても嬉しく、スイカから生まれたので「うりこ」と名付けました。
「うりこ」はすくすくと成長し、やがてかわいらしい女の子、そして美しい娘になりました。
とてもかしこく、織物がとても得意だった「うりこ」のうわさは町中に広まり、ついにはお殿様の所まで届きました。
お殿様は家来をうりこのもとに送り、お殿様が娘と結婚したいと伝えたところ、おじいさん、おばあさんはとても喜びました。
結婚の前の日、おじいさんとおばあさんは町へ買い物に出かけました。
「うりこ、嫁入り道具を町に買いに行ってきますが、誰が来ても家の中に居て、ぜったい入口を開けてはいけませんぞ。やまんばにはくれぐれも注意しなさい。」
うりこは一人家の中で織物をしていました。ところが、やまんばがおじいさんとおばあさんが出かけるのをみとどけると家にやってきました。
「うりこ。中にいるかい。入口を開けて下さいな。」
「家の中にいますが、誰がきても入口を開けてはいけない、とお父さん、お母さんから言われました。だから、入口を開けることはできません。」
「それでは、指が入るくらい開けてもらえないかな。」うりこは少し入口を開けました。
「うりこ、手が入るくらい開けてもらえないかな。」うりこはさらに入口を開けました。
「うりこ、足が入るくらい開けてもらえないかな。」うりこはさらに入口を開けました。
「うりこ、頭が入るくらい開けてもらえないかな。」
「だめです。怒られます。」
「でも、うりこ、顔がみたいな。開けてくれないかな。」
「それでは、頭が入るだけ開けます。」
やまんばは頭が入口にはいるやいなや家の中に駆け込みました。やまんばは自分のきたない着物を娘のきれいな着物に変えるとうりこになりすましました。
本物の「うりこ」は山に連れていかれスモモの木にしばられました。
次の日、お殿様の家来がかごにのせて偽物のうりこをお城に運んで行きました。
その途中、「うりこ」がしばられているスモモの木の近くを通りかかると、山のカラスが奇妙ななき声を上げました。
「カア、カア。にせうりこ。ほんものは山の中。にせうりこ。ほんものは山の中。カア、カア。」
家来たちは様子のおかしいのに気がつくと木にしばられている「うりこ」をみつけ、やまんばは捕まえられました。
「うりこ」はお殿様と結婚し「うりこ姫」と呼ばれました。

<<前のお話 あまのいわや | うりこひめ | 次のお話 えからぬけでたうま>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧