大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてください♪

童話

<<前のお話 おじいさんとひょうたん | お月様、お日様、雷様の旅立ち | 次のお話 おにかめん>>

お月様、お日様、雷様の旅立ち

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

むかしむかし、大昔、お日様とお月様と雷様が、三人そろって旅に出かけました。
ところが、雷様は生まれつき気が荒いもんだから、行くところ行くところあばれまわってしまいます。
どこの町へ行っても、
「雷様が来たぞー」「へそをかくせー」「早く逃げろー」とみんなにこわがられていました。
お日様とお月様は、いい迷惑でした。雷様と一緒だと、何にもしないのに人々から嫌われてしまいます。
それで、お日様とお月様は、雷様と旅をするのが、だんだんいやになってきました。
ある町についたとき、「今夜はここにとまろう。」ということになって、三人は一軒の宿にとまることにしました。
「どうれ、ひとあばれしてくるか」
そういうと、雷様は外に出て行き、ぴかっと光ると町外れの大きな木を、バリバリ、メキメキっと、たおしてしまいました。
お日様とお月様は、宿で相談しました。
「雷様はまた外でおばれまわっておるぞ。もう雷様にはがまんできん。明日からは二人で旅をしよう」
「そうしよう、そうしよう、あんなあばれ者はおいていこう」
次の日、お日様とお月様は、雷様を置いて、朝早く宿を立っていきました。
雷様は朝寝坊なので、ぐっすり寝込んでいます。
雷様がようやく目を覚ましたことには、あたりはとっくに明るくなっていました。
眠い目をこすりながら部屋の中を見回すとおひさまとお月様がいないことに気がつきました。
「昨日の夜は三人で寝たのに、わし一人しかいない。おかしいなあ、二人はどこへいったんだろう」
雷様は、宿の主人を呼びました。
「お日様とお月様はどうした。」
「はい、お日様もお月様も、ずっと前におたちになりました。」
それをきいた雷様は、
「そうか、うーん。月日の立つのは早いもんだ」
宿の主人は、おそるおそる、雷様に尋ねました。
「あなたさまは、いつおたちになりますか」
すると、雷様は、すましてこういいました。
「おれは雷だから、夕立ちだな」
それから雷様は一人で旅を続けました。

<<前のお話 おじいさんとひょうたん | お月様、お日様、雷様の旅立ち | 次のお話 おにかめん>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧