大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてください♪

童話

<<前のお話 スギの木の男 | せつぶんのオニ | 次のお話 ぜんいのわ>>

せつぶんのオニ

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

むかしむかし山里に一人暮らしのおじいさんがいました。
おじいさんには家族がなく、奥さんと息子は病気で亡くなっており、
おじいさんの楽しみは、毎日奥さんと子供の御墓にお参りすることだけでした。
「かあさん、ぼうず、早く迎えにきておくれ、天国へ連れて行っておくれ」と毎日お墓の前で手を合わせました。
そして、冬が来ておじいさんの家は深い雪の中に埋もれ、お金もなかったのでお正月の餅も買えず、冬が過ぎるのをじっと待っていました。
ある晴れた日、おじいさんはさみしさに耐えられず、雪の中を息子に会いに行きました。
お墓は雪にすっかり埋もれており、
おじいさんは雪をかき分けてあげ、甘酒をお墓に供えて長い間話しかけていました。
日が暮れ、帰り道、子供たちの声が聞こえました。
「鬼は外・福は内」
どの家からも楽しそうな声が聞こえ、おじいさんは子供が元気だったころのことを思い出し、家に帰りました。
「節分なのにさみしいなぁ」
もう子供も奥さんもいないし、福の神からはとっくに見放されていると考えたおじいさんは鬼の面をかぶって豆をまきました。
「鬼は内 福は外 鬼は内 福は外」
豆をまき終えると誰かがやってきました。
「ドンドン、すみません。」
戸をあけると赤鬼と青鬼がたっているではないですか。
びっくりしたおじいさんに、赤鬼は、
「よんでくれてありがとう」
と家に上がり込みました。
囲炉裏でみんなであたっていると、また大勢の鬼がやってきて、
「おじゃましまーす。おじいさん、これを」
鬼は家に入れてくれたお礼にとたくさんのごちそうを持ってきました。
それから、おじいさんは鬼達と楽しく宴会をしました。
鬼たちはお礼にとおかねを置いていき、来年も来ることを約束しました。
おじいさんはまた来年も鬼に会えることを楽しみに長生きして過ごすことにしました。

<<前のお話 スギの木の男 | せつぶんのオニ | 次のお話 ぜんいのわ>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧