大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてください♪

童話

<<前のお話 じゅんめぐり | スギの木の男 | 次のお話 せつぶんのオニ>>

スギの木の男

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

むかしむかし、あるところに、美しい娘がいました。
娘が年頃になると、ある晩、ひとりの若者がたずねてきました。
見目麗しい若者で、娘はひとめで好きになり、それから若者は毎晩たずねてくるようになりました。そして、明け方近くに帰っていくのです。
「ああ、夜がもっと長ければ」
娘はそう思わずにはいられませんでした。
さて、ある日娘は思いました。
「あのひとはいったいどこのどなたなのでしょう? 村の者ではなさそうだし。それに、どうして夜にしかあいにきてくれないのでしょう?」
ひとたび気になっては落ち着かなくなり、ある夜、娘は長い糸を通した針を用意して、それを帰って行く若者の着物に、そっと刺しておきました。
夜が明けて、娘はさっそく糸をたぐっていくと、糸は神社の境内に続いています。そして、一本の大杉のところで、その糸はすべて巻き取られ、なんと、針はその木の皮に刺さっているのです。
「ああ、あのひとはこの木の精だったのね」
その日から、若者がかよってくることはなくなってしまいました。
さて、それから時がすぎ、ある晩、娘の夢に、あの若者が現れていいました。
「もう知っていると思うが、私は神社の大杉の精だ。近く、大雨で流された橋を架けなおすために私は切り倒される。多くのひとの役に立つことだから、切り倒されるのはかまわない。しかし、最後はどうしてもあなたに見送ってほしいのだ」
それから、夢のお告げのとおり、神社の杉は切られることとなりました。
きこりたちが無事に木を切り倒して縄をかけ、さあ、運ぼうか、と引っ張りましたが木はまったく動きません。
ひとをたくさん雇い、牛や馬にも引かせましたが、まるで地に根を生やしたかのごとく、すこしも動かないのです。そこへ、娘がやってきて、木をやさしくなでました。すると、いままでまったく動かなかった木は、まるで重さがないかのように軽々と動き出したのでした。
この杉を使い、橋は無事につくられ、この橋は、どんな洪水が来ても決して流されることはなかった、ということです。

<<前のお話 じゅんめぐり | スギの木の男 | 次のお話 せつぶんのオニ>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧