大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてください♪

童話

<<前のお話 じゃがいもどろぼう | じゅんめぐり | 次のお話 スギの木の男>>

じゅんめぐり

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

むかしあるところに、一人の猟師がいました。
ある日、猟師は鉄砲をかついで山に出かけ、やぶにかくれ獲物が来るのを待っていました。
すると、ミミズが一匹出てきました。猟師がミミズを見ていると、どこからかカエルが一匹出てきて、パクっとミミズをのんでしまいました。
「こりゃあ、カエルがミミズをのみこんでしまったぞ。」
猟師がたまげて、そのカエルを見ていると、今度はヘビがでてきました。そしてミミズをのんだカエルを、パクッとのみこんでしまいました。
「ありゃあ、ミミズをのんだカエルをヘビがのみこんでしまったぞ。」
猟師はおもしろくなって、そのヘビを見ていると、今度はそらからきじが飛んできて、スウッとおりてくると、へびをくわえてあっというまに舞い上がっていきました。きじは高くあがると、くわえていたヘビをパタッと落としました。
それからまた、スウッと降りてきて、落としたヘビをまたくわえて舞い上がり、また落としました。
きじは、こんなことを3回も5回も繰り返し、そのうち、ヘビはとうとう死んでしまいました。
ヘビが動かなくなると、くちばしでつついて、ヘビをきれいに食べてしまいました。
ここまで見ていた、猟師は
「うっかりしていた。早くきじをうってしまわないと、逃げてしまう」
といって、鉄砲を構えてきじをうとうとしたとき、ふとあることが頭に浮かびました。
「まてよ、ヘビを殺してくうたきじを、わしがうって殺すと、次に、このわしが、また何かに殺されてしまうんじゃあないだろうか。」
と、気になり始めました。
猟師の目はずっときじをねらっていますが、体が言うことをきかず、どうにもこうにも引き金が引けませんでした。
とうとう、猟師は、きじをうつことができず、何もとらず鉄砲をかついで山をおりてしまいました。じゅんめぐりがおそろしくなったのです。
すると、ふと後ろのほうから「猟師よ、命びろいしたなぁ」
と恐ろしい声が聞こえました。そして、後ろでは大きな目玉が二つ、金色に光って猟師のほうを見ていたそうです。

<<前のお話 じゃがいもどろぼう | じゅんめぐり | 次のお話 スギの木の男>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧