大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてください♪

童話

<<前のお話 じひのかみさま | じゃがいもどろぼう | 次のお話 じゅんめぐり>>

じゃがいもどろぼう

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

江戸時代のある夏の夜のこと、大酒を飲んだ二人の男が、小道を千鳥足で歩いていました。やがて二人は墓地の所まできて、入り口近くに、米俵(こめだわら)らしきものが転がっていました。
「何だろう。米俵のように見えるな。」
「調べてみろ。」ともう一人が言うと、最初の男が開けてみると、
「じゃがいもだ。」二人は叫び、
「誰がこんなところに置いていったんだ。お役人さんに届けたほうがいいかな。」
「さあな。天からのお恵みかも知れねえ。二人で山分けしようぜ。」
「わかった。でも半分半分だよ。」と最初の男が提案し、
二人は、墓地の中で、じゃがいもを分けることにしましたが、二人で俵を持ち上げた時よろけたものですから、じゃがいもを二個落としてしまいました。
「待てよ、拾って来るから。」
「何、心配するな。あとで拾えばいいさ。」
二人は、月明かりの中、俵を真ん中に、墓石の陰に座り込み、一人が、俵からじゃがいもを二個取り出し、一つを相手の膝元に、もう一つを自分の膝元に置きました。
「一つがお前、もう一つが俺。」
もう一人も、俵からじゃがいもを二個取り出し、一つを相手の膝元に、もう一つを自分の膝元に置きました。
「一つがお前、もう一つが俺。」
そうしている間、わかい商品がその墓地の近くを通りました。若い商人は「四谷怪談」という怖い話を観てきた後、その話が忘れられず頭の中はまだお化けのことで一杯です。
墓の前を通り過ぎる時、何か不気味な声が聞こえたような気がしました。墓の中から聞こえてくるようなので、目を凝らしてよく見ましたが、誰もいません。すると、あの声が聞こえてきたのです。
「一つがお前、もう一つが俺。」「一つがお前、もう一つが俺。」
「お化けに違いない。」商人は、一目散に逃げ出すと、村の人に出会ったので、声をはずませて、恐ろしい出来事を話しました。
「あそこのお墓でお化けどもが、死体を数えている。」
村人は、笑い飛ばしました。
「夢でも見ているのか。そんな話聞いたこともない。信じられん。お化けなんてこの世にはいないよ。」
しかし、村人もつい好奇心から商人と行くことになり、
墓地の入り口に来ると、生ぬるい風が二人をなでて行きました。
村人には、かすかな声が聞こえたような気がしたのです。
「一つがお前、もう一つが俺。」
村人は、墓地の中に入るのをためらっているようです。すると、今度は、はっきりとあの声が耳元に届いてきました。
「一つがお前、もう一つが俺。」
「一つがお前、もう一つが俺。入り口にもう二つあるぞ。」
村人は、背筋がぞっとしました。振り返って商人を見ると、前にもまして顔は真っ青です。二人は声も出せずに一目散に逃げだしましたが、あの声が追いかけて来るようです。
「入り口にもう二つあるぞ。」

<<前のお話 じひのかみさま | じゃがいもどろぼう | 次のお話 じゅんめぐり>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧