大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてください♪

童話

<<前のお話 たつのこたろう | タニシちょうじゃ | 次のお話 ちからたろう>>

タニシちょうじゃ

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

むかし、むかし、ある所に子供のできないお百姓さん夫婦が住んでいました。
もう若くはありませんでしたが、二人は毎日神様に、子供が授かるようお祈りしました。
ある日、妻に突然陣痛が起こると、赤ん坊が産まれました。
でも、驚いたことに産まれてきたのは、何とタニシでした。
たとえ、タニシであっても、自分たちの息子であることに変わりありませんでしたので大事に育てました。 そして二十年が経ち、二人は、年をとりましたが、息子はまだタニシのままでした。
二人が、馬の背に年貢をのせて運んでいる日のこと、タニシが、二人に話しかけました。
「僕、今日からおとうさんとおかあさんの幸せにする。」
と言うと、タニシは年貢をのせた馬を一人で長者さんの家に連れて行きました。
村でタニシさんを知らない人はいませんでしたし、頭も良かったので、タニシさんは長者さんにとても可愛がられました。長者さんはタニシさんを見こみ、娘と結婚させることにしました。
長者さんには、娘さんが二人いました。姉はタニシと結婚することを嫌がったのですが、心やさしい働き者の妹さんは、父親の決めたことゆえ、タニシさんと結婚することにしました。
結婚した二人は、幸せな日々を送っていました。
ある日のこと、二人は、村の祭り見物に出かけました。
家への帰り道、タニシさんをたんぼの脇に置くと、観音地蔵さんに、二人の幸せをお祈りしました。
その時、からすがタニシさんを襲いはじめました。二人を妬ましく思う姉が、カラスにタニシを襲うよう頼んでいたのです。
タニシさんはカラスから必死に逃れようとしました。それに気がついた妹さんは、体を覆って、タニシさんを守ろうとしたところ、タニシさんは、どんどん大きくなり立派な若者になりました。
娘さんの夫に対する愛が奇跡を起こしたのです。
タニシさんは、長者さんの跡を継ぎ、タニシ長者と呼ばれました。

<<前のお話 たつのこたろう | タニシちょうじゃ | 次のお話 ちからたろう>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧