大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてください♪

童話

<<前のお話 タニシちょうじゃ | ちからたろう | 次のお話 つきからのもち>>

ちからたろう

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

とんと昔、それはもう、まずしい じいさまとばあさまがおった。ふろなぞ めったに入れんもんだから、体中こんびだらけであった。
ある日のこと、じいさまが言った、
「わしらには、もう、子供はできねえ。せめて、2人のこんびでも落として、人形でもこさえるべや・・・ 」
ばあさまが言った、
「まっ黒けじゃが、かわええ。こんび太郎と名づけましょ。」
ばあさまが、まんまをやると、こんび太郎は、いきなり手をのばし、ぱくんと食ってしまったので、2人は、たまげながらも、大喜びして、どっさりとまんまをやった。
こんび太郎は、食えば食うだけ大きくなったが、ほぎゃあとも言わず、ねたまんまであった。
ある日のこと、こんび太郎は、百貫目の金棒をつえに立ち上がると、見上げるようなでかい若者になったので、じいさまは、びっくりして、
「ふわっ!こらま、すげえ力だ。こりゃもう、こんび太郎でのうて、力太郎じゃ!」
力太郎はこたえた。
「おら、これから旅に出て、この力が どんくらい人の役に立つか、ためしてみてえ。」
さて、力太郎が町をめざして行くと、向こうから道いっぱいになるほど大きな「みどう」をかついでくるものがおる。
「これじゃ とおれん」と力太郎が、金棒でみどうをひとつきすると、どんがらりんと音立ててこわれてしまったので、男はまっ赤になり、
「やい、やい、やい!、日本一の力持ち、みどうっこ太郎をしらんのか!」
力太郎は、つかまれた金棒をだまって、ぶん回すと、男は空高く、はねとばされていった。
そのまんま、待っても待っても落ちてこんかったが、ずいぶんとたって小声で、「たすけてくれよう」というのが聞こえ、見回してみると、やれやれ、そこいらで一番高い松の木のてっぺんに ひっかかっておった。
力太郎は、その松を根っこぐるみひっこぬいて、おろしてやった。
みどうっこ太郎は、ためいきをつき、
「どうか、いっしょに たびをさせてけれや」とたのんだ。
しばらくして、向こうから、大きな石を ごんごろ、ごんごろ、ころがしてくるものがおる。
「あやあ、あのまんまじゃ、ほかのものに ぶつかるが・・・」
力太郎は、ころがってきた大石を、金棒でがちんとうけとめ、「これ、いたずらすんなって」言いながら、つんとけると、石は、男にまともにぶつかったので、男はおこったのなんのって、
「おらのことを、日本一の力持ち、石こ太郎と知ってやったことか!」
力太郎は、石こ太郎の首ねっこをつまんで、ぽいとぶんなげると、石切場の石くずの中に、首までうずまってしまい、やっとこすっとこ はい出た石こ太郎も、いっしょにたびをさせてくれるよう、たのんだ。
さあ、こんどは3人になって、のっしじゃんが ずしん、のっしじゃがんが ずっしんと行くと、とうとう大きな町についた。
ところが、まっぴるまというのに、町には 人っ子ひとり見あたらん。・・・3人は町中を、ずいずいずいと見てまわると、町一番の長者どののやかたの前で、むすめがひとり、うずくまっていた。
「あねこ、あねこ、なして、ないておるのか?」と聞くと、
「ばけものが おっかねえからです」
「ばけものだと?」
「はい、それが大きな大きなばけもので・・・」
「ええとも、ええとも、おらたち3人で、たいじしてやっから、なくのをやめて、家に入れてけれ」
やがて夜になると、なにやら黒いけむりが、あたりをもわんとつつみ、わやわやとうずまくと、その中から、町中に聞こえるような声がした。
「むすめは よういしとろうな!ぐはははは!」
それから山の向こうからどえらい地ひびきを立てながら、そいつが ぬっくと姿をあらわした。
みどうっこ太郎が、ずんとぶつかっていったが、ひょいとつまみあげられ、ずぼんと のみこまれてしまった。 石こ太郎がつづいてとびだし、組みつこうとしたが、これも何もできんうちに、げろんと のみこまれてしもうた。
そこで力太郎が、すっくと立ち上がり、
「ようし、こんだあ、おらが あいてだぞ!」
ばけものは、力太郎の金棒をつまむと、あめみたいにまげてしまった。
「そんなら、取っ組み合いだあ!」
2人は、えんさわんさ、さんざんもみおうたが、かちまけがつかん。どうも、力太郎のほうがあぶない。
これじゃいかんと思うた力太郎は、いきなりあいてを下から けりあげた。
「んぎゅっ、むうっ」
そいつは、ぶはっと みどうっこ太郎と石こ太郎をはきだすと、ぼかぼかぼかっと、きえてしもうた。
こわごわようすを見ていた町のものも、大よろこびで、出てき、長者がすすみ出て、
「おかげさまで・・・、おれいには、何がよいじゃろうか?」3人は顔を見合わせ、ふっふとわらい、
「そうじゃなあ、一番でっかい かまいっぱい、まんまをたいてけろ」
力太郎は、たすけたむすめといっしょになり、じいさま、ばあさまをむかえた。あとの2人も、村のむすめといっしょになり、そこで、ずうっとくらしたそうな。

<<前のお話 タニシちょうじゃ | ちからたろう | 次のお話 つきからのもち>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧