大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてください♪

童話

<<前のお話 ちからたろう | つきからのもち | 次のお話 つきみそうのよめ>>

つきからのもち

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

ずいぶんと昔のこと、きらきら輝く広い海のあるところに、小さな島があり、その島にはまだ大人にもならないような男の子と女の子がいました。
二人はたいそう仲が良くて、いつも島の中や水辺や海で、一日中よく遊び、疲れれば眠り、目が覚めればまた遊ぶ・・という日々を過ごしていたのでした。
二人は誰からも面倒を見てもらうことがありませんでしたが、月の神様はこの子供達をとても可愛がっておられたので、毎日夜になると決まった時間に月からお餅を降らせて、二人の子供達を育ててくださいました。
でも二人の子供達は、なぜ月からお餅が降ってくるのかなんて一回も考えたこともなく、ただおなかがすく頃になると当たり前に月からお餅が降ってくるので、そのやわらかでおいしいお餅をおなか一杯食べては、眠くなって眠り、朝日とともに目覚めれば、緑の島を駆け回ったり、青い海を存分に泳ぎまわったりして楽しく暮らすことを、ごく当然のことと思っていました。
そんな毎日が繰り返されていたある晩のこと、二人はいつものように月が降らせてくれたお餅を食べながらこんな話しをしました。
「ねえ、ときどき僕たち、お餅を食べきれないときにはお餅をすてているけれど・・・」
「そうねぇ、私も考えていたのよ。捨ててしまうんなら取っておいたらどうかしらって。」
「うん、そうすればいつでも食べたい時に食べたいだけのお餅をたべられるようになるもんね。」
「そうよ、時々いっぱい遊びすぎて、お腹がすいてお餅が降るまで待てないときもあるし、眠くてしょうがない時もあるわ。でもとっておけばいつでも食べたい時に食べられるわね。」
二人はその日から食べ残したお餅をとっておくことにしました。
でも、月の神様は面白くありません。
「毎晩毎晩、私ははじめから今に至るまでずーっと二人の子供達を育てる為にお餅を降らせてきてやったというのに、食べ残しをとっておくなどどういうつもりだ?私を信じていないということか?!」
そして、月の神様はその日から夜になってもお餅を降らすのを止めてしまったのでした。
二人の子供達は、お餅が降らないことをとても不思議に思いながらもはじめのうちはとっておいたお餅を食べてすごしていましたが、すぐにそれもなくなってしまい、おなかがすいてたまらなくなってしまいました。
二人は月に向かってお願いの声を上げました。
「月の神様!月の神様!どうかお餅を降らせてください。」
「お腹がすいて倒れます。これまでのようにどうかお餅を降らせてください。」
しかし、月からは一個のお餅も降ってこず、そして二度とお餅が降ってくることはありませんでした。
それからの二人は、毎日海に行っては、魚や貝を採り、山に入って木の実や根を採ったりして自分たちで食べる物を用意しなくてはならなくなりました。 もう今までのように遊んで暮らすことはできなくなったのです。 二人は漁に疲れたり、採ってきたものを食べられるようにするまでの間にお腹がすいたりすると思い出すのです。
一日中遊びまわっていても時間になるとちゃんと月がお餅を降らせてくれて、お腹一杯になっていた頃のことを、そしてそのときになって初めて、月の神様のしてくれていたことをありがたいことだったのだと感謝とともに思い知ったのでした。

<<前のお話 ちからたろう | つきからのもち | 次のお話 つきみそうのよめ>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧