大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてください♪

童話

<<前のお話 テングのすもう | てんごくののうふ | 次のお話 てんぷくちふく>>

てんごくののうふ

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

ある小さな村で一人の年取った農夫が亡くなりました。
生きている間は、「神様だって、毎日働いておいでなのだ。自分はもっともっと働かなくては!」というのが口癖の働き者で、身体が動くうちは、本当に怠けるということを知らなかったような人でした。
そしてまたとても正直で、欲深いこともなく、自分ができる範囲で親切でしたので、その農夫をしっている人たちは、皆、口をそろえて、農夫のことを「いい人だ」といっていました。
あれほどの信心と正直で親切な生き方をした者を、神様が天国に連れて行かないわけはなく、天使がちゃんと迎えに来て、農夫を天国まで案内しました。天国についた農夫はとても大きな門の前にたったとき、天使に、
「ここでちょっと待っていなさい。今門の鍵をお持ちの聖ペトロ様にお前が来たことを報告してくるから。」といわれたので、門のそばに座って待っていると、門の前で両手を後ろに組んで、満足そうに回りをゆっくりと見回している一人の金持ちそうな身なりの良い男に気が付きました。
「あなたも、番人の聖ペトロ様を待っているのですか?」
と農夫が尋ねると、男はにこにこしてうなずきながら答えました。
「ええ、そうですよ、ではあなたもですか?」
「そう、ここで待っているようにと。」
「そうですか。いや、さすが天国。実に良いところですな。」
そんなことを話しているときに、大きな門の扉が開いて、白い鬚をはやした聖ペトロ様が、扉を開いた天使たちの後からやってきて、身なりの良い男を笑顔で迎えながら、その手を引いて扉の中へ導いていきました。
ところが、農夫がいることに気が付かなかったようで、身なりの良い男の後についてはいろうと思っていた農夫が、扉の前に行くより先に、天国の門は閉まってしまいました。
農夫はどうしたものかと思いましたが、自分を連れてきてくれた天使が気付いてくれるだろうとのんびり待っていると、しばらくして、天国の門の内側からにぎやかな音楽や楽しそうな笑い声が聞こえてきました。
「やぁ、さすがに天国だ。毎日たくさんの人がくるだろうのに、それぞれのために大歓迎をするなんて。」
そしてきっと自分のときにも同じように歓迎会が催されるだろうと嬉しく思っていました。
そして、にぎやかな騒ぎが一段落ついたとき、天国の門は再び開かれ、聖ペトロ様は扉を開けた天使たちの後からやってきて、待っていた農夫を招き入れました。
「やぁやぁ、遅くなってすまなかったな。待ちくたびれてしまったかな?」
「いいえ、とんでもない。ようやく天国に入れて本当に嬉しいですよ。」
聖ペトロ様はうんうんとうなずき、にこにこしながら農夫を奧へ案内して行くのですが、しかしいくらたっても楽隊は音楽を奏でず、天使たちも忙しく行き来するばかりで、誰一人農夫のために歌ったりおどったり楽しく喜び騒ぐ様子もありません。農夫はちょっと面白くなく思い、聖ペトロ様に言いました。
「さっきの身なりの良い男の人がここに入ったときは、大変な歓迎会がも催されたようでしたが、やっぱり私のような貧しい格好のものにはそういうことは無いのですか?天国でもひいきがあるのですねー。」
すると聖ペトロ様はおかしそうに笑いながら言いました。
「いやいや、お前さんのような正直で良い生き方をしてきたものは、毎日ここへ来るのだけれど、あれほどの金持ちで生涯、正直でいい生き方をしたあの男のような者がここへ来たのは、実に100年ぶりだったからね。どうしても皆でお祝いをしなくては!と思って、歓迎会をしたというわけさ。」

<<前のお話 テングのすもう | てんごくののうふ | 次のお話 てんぷくちふく>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧