大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてください♪

童話

<<前のお話 びんぼう神とふくの神 | そそっかしい そうべえさん | 次のお話 はなききおとこ>>

そそっかしい そうべえさん

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

むかし、むかし、あるところに、そうべえさんという、それはそれはそそっかしい男がいました。
あるとき、そうべえさんは、一つ山を越えた町のお宮さんへおまいりに行こうと思ったので、おかみさんに、
「明日の朝、町のお宮へ行くから、弁当を作って、枕元に置いておけ。」といいつけました。
次の日、目をさましたそうべえさん、そばにある弁当を急いで風呂敷(ふろしき)につつんで家を出て行きました。
山道を歩いていると、ズル―、カタッ、ズル―、カタッとなんとも歩きにくいので、よ―く足元を見ると、片方にぞうり、片方に下駄(げた)をはいていました。これはしくじったと思いましたが、しかたがありません。そのまま、ズル―、カタッ、ズル―、カタッと町まで歩いて行きました。
お宮さんについたそうべえさんは、財布(さいふ)から一文(もん)を出して、ポ―ンと賽銭箱(さいせんばこ)に投げましたが、ガチャと妙な音がしたではありませんか。よーく見ると、手には一文が残って、そうべえさんは間違えて財布を賽銭箱に放り込んでしまいました。 しまった、と思っても、もう遅く財布は戻ってきません。
そうべえさんは、ブツブツいいながら、お宮さんの境内(けいだい)でお弁当を食べることにしました。
風呂敷をあけると、なんと、中から出てきたのは、枕だったのです。
「うちのおかみさんは、弁当と間違えて枕をよこした。こんなもんが食えるか」
と、おこってはみたものの、もう、どうしようもなく、お弁当はないし、お腹はすくし、そうべえさんは弱ってしまいました。
しかたなく、家へ帰ろうとすると、まんじゅう屋があり、おいしそうなまんじゅうがならんでいました。大きいのもあるし、小さいのもありました。
「おい、このまんじゅう、いくらだ」
「へい、どれも、一文でごぜえます」
それを聞いたそうべえさん、にこっと笑って、一文を渡すと、一番大きなまんじゅうをつかみとりました。
「もし、それは」
「これでいい、これでいい」
そうべえさんは、うしろもふり返らず、一目散にかけ出しました。
しばらく行ったところで、その大きなまんじゅうをパクリと食べると、ガリッと音がして、なんと前歯がかけてしまいました。よーく見ると、そのまんじゅうは、お土産の見本のまんじゅうだったのです。
腹を立てて家に戻ったそうべえさんは、いきなり、おかみさんの頭をゴツンとたたきました。
すると、
「そうべえさん、何なさる」
という声が聞こえましたが、おかみさんの声と違います。よーく見ると、となりのおかみさんでした。
自分の家とまちがえて、となりの家に入ってしまったのです。
またしくじったと思ったそうべえさんは、あわててとなりの家から飛びだしました。そのとき、とつぜん、ゴロゴロゴロ―、ゴロゴロゴロ―。とかみなりがなり、おどろいたそうべえさん、今度は自分の家に飛びこんで、 「ただいまは、どうもすんません、どうもすんません」
と、自分のおかみさんに、何度も頭をさげてあやまったそうです。

<<前のお話 びんぼう神とふくの神 | そそっかしい そうべえさん | 次のお話 はなききおとこ>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧