大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてください♪

童話

<<前のお話 はなしのすきなおとのさま | どっこいしょ | 次のお話 まゆにつば>>

どっこいしょ

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

むかし、むかし、ある所に物覚えの悪い男がいました。
ある日、男は、法事で、かみさんの遠い実家に出かけました。
そこで産まれて初めて、団子というものをごちそうになり、男は、かみさんの母親に聞きました。
「これは何と言うものですか。」
「団子というものですよ。」
家に帰る道中、忘れないように何度も何度もその名を繰り返しました。
「団子、団子、団子、団子、、、」
みぞを飛び越える時です、男は「どっこいしょ」と言いました。
「団子」が「どっこいしょ」になってしまいました。家に着くまで、その名を何度も何度も繰り返しました。
「どっこいしょ、どっこいしょ、どっこいしょ、、、」
家に入ると、男はかみさんに言いました。
「今日、おまえさんの実家で『どっこいしょ』といううまいものを食べた。作ってくれ。」
「そんな食べ物聞いたことがないわ。私にはわからないわ。」
「そんなわけないだろう。お前の実家で食べて来たんだぜ。」
とうとう、本格的な喧嘩になってしまい、しかしけんかはかみさんの方が強く、旦那の頭を思いっきりたたきました。
「あらま、団子のようなこぶが出来ちゃったわ。」とかみさんが言いました。
「それだ。思い出した。団子だ。団子を作ってくれ。」
「おやすいことだわ。」
かみさんはおいしい団子を作ってやりました。

<<前のお話 はなしのすきなおとのさま | どっこいしょ | 次のお話 まゆにつば>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧