大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてください♪

童話

<<前のお話 タヌキのさつ | カッパのけっこん | 次のお話 ゆうかんなウサギ>>

カッパのけっこん

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

むかし、むかし、ある所に父親と三人の娘が暮らしており、たいそうなお金持ちで田んぼをたくさん持っていました。
ある年、何ヶ月も雨が降らない時期があり、土地は乾き、米を作ることもできませんでした。
「田んぼに水をいっぱい入れてくれる者はいないかの。そうしてくれたら、娘をやるぞ。」
こんな独りごとを乾ききった田んぼで言うと、河童が目の前に現れました。
「その仕事、おれが引き受けた。田んぼに水をいっぱい入れたら、娘をくれると約束するな。」
「うそはない!できたら、娘をくれてやる。二言はない。」
と父親は、笑いながら言ったところ、
次の日、驚いたことに、田んぼにはあふれんばかりの水が入っていました。
父親は、喜びもつかの間、あの約束を思い出し、
「困ったぞ!どうしよう。でも約束は約束だ。」
家に戻ると、まずは一番上の娘に頼みました。
「河童との約束だ。頼む。」
「何を言ってるの。嫌よ絶対。人でなし。」
次に二番目の娘に頼みました。
「河童との約束だ。頼む。」
「どうしてそんなことを言うの。もちろんお断りします。お父さんなんか大嫌い。」
最後に三番目の娘に頼みました。
「河童との約束だ。河童と結婚してくれ。」
「河童とは結婚したくないわ、でもお父さんの約束だわ。約束を破ることはよくないので、言うとおりに結婚するわ。」
と娘は悲しげに答えました。
「ありがたや。お前はこの世でもっとも優しい娘だ。欲しいものは何でもあげよう。何が欲しい。」
「ひょうたんを百個欲しいわ。」
父親は近所の家々からひょうたんをあるだけ集めました。
次の日、ハンサムな男の人が訪れてきて、
「娘さんのお迎えに参りました。」といいました。
「お父様、この人と一緒に参ります。」
娘は、ひょうたん百個が入った大きな風呂敷を、背中に担いでいました。
「あの人、本当に河童かしら。」
姉達は妹をうらやましく思いました。
二人は、湖のほとりまで来て、
「私の家は、お分かりでしょうが、この湖の中です。さあ、行きましょう。」
と彼は、娘の手を引きました。
「河童さん、ちょっと待ってください。お願いがあります。このひょうたんがとても大切な花嫁道具です。まず始めに、このひょうたんを家まで持って行ってください。」
「お安い御用です。」
河童は、ひょうたんをかつぎ、水の中に飛び込みました。ひょうたんを沈めようと必死ですが、軽くてすぐに水の上に浮かんでしまいます。花嫁道具を持っていくことは大変なことでした。
「だめだ。人間と結婚するのはよそう。河童の娘と結婚しよう。」
河童はそう言って湖の中に消えて行きました。
父親は娘が無事に帰ってきたのを心から喜び、こう言いました。
「この家の跡取りはお前だ。」
それを聞いて、二人の姉は父親にこびましたが、もう後の祭りでした。

<<前のお話 タヌキのさつ | カッパのけっこん | 次のお話 ゆうかんなウサギ>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧