大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてください♪

童話

<<前のお話 まほうのたいこ | タヌキのさつ | 次のお話 カッパのけっこん>>

タヌキのさつ

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

山の中にたぬきの子供が住んでいました。
あるとき、たぬきの子供がわなにかかったのを、ある親切な男によって助けてもらいました。
夜、男の家の戸を叩く音がしました。「トン、トン」
「誰だい。遅いから、寝てるよ。明日でなおしな。」
「ドン、ドン」音が大きくなり、
「誰だい。」
「たぬきです。今日山で助けてもらったたぬきです。」
「ああ、そうか。お前か。覚えている。」
床から出て戸を開けました。
「何だってこんな遅く来たんだい。」
「命を助けてもらって恩義を忘れるな、って親に言われたんです。」
「驚いたね。たぬきも義理固いんだね。ところで、何ができるんだい。」
「掃除、洗濯、料理、それに化けることもできます。」
男は、ふと考えが浮かび、
「本当か。一万円札に化けられるか。」
「一万円札ですか。お安い御用です。」
たぬきはあっという間に一万円札に化けて、
「おう、うまいものだね。(手にとって)あったかいね。」
「できたてですから。」
「実を言うと、商人(あきんど)から金を借りて、ばくちに使っちゃったんだ。明日、金を取りに来るんだ。」
次の日、商人がやって来ました。入り口で挨拶しました。
「どうぞ、お入りください。お金を返しますよ。はいどうぞ。」
「これは、きれいな札だな。あったかいぞ。」
「もちろんです。お気をつけて。」
商人はお金を持って帰りましたが、すぐにたぬきは戻ってきました。
たぬきがいうことには
「だんな、あんなこと言ったらいけませんよ。疑ってましたよ。陽にかざしてじっと眺めて、何回も触りました。それから二つ、四つに折って、財布の中に入れました。背中が痛くて、息ができませんでした。あげくの果て、おならが出ちゃいました。臭いのなんのって、お札の底を破って逃げてきました。」
そういってふたりで大笑いしましたとさ。

<<前のお話 まほうのたいこ | タヌキのさつ | 次のお話 カッパのけっこん>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧