大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてください♪

童話

<<前のお話 ゆうかんなウサギ | ツルとカメ | 次のお話 サルカニひとりぽっち>>

ツルとカメ

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

むかし、むかし、つるとかめは大の仲良しでした。
ある日、かめさんが池のわきで日向ぼっこをしていると、つるさんが空から降りてきました。
「かめさん、元気かい。」
「うん、元気だよ。でも君は空が飛べていいな。僕はのろく歩くだけなのに。君のように空を飛べたらなあ。」
「かめさん、お望みなら、空に連れて行ってあげるよ。口で羽根をくわえて、僕の背中にすわっているだけでいいんだよ。でも、どんなことがあっても喋っちゃだめだよ。口を開けると地面に落っこちゃうから。いいかい。」
「いいよ、絶対喋らないよ。」
かめさんは、つるさんの背中によじ登ると、口で羽根をしっかりくわえました。
「いいかい、飛びあがるよ。」
かめさんは、生まれて初めて空を飛んでいました。見るもの全てが目新しく、右や左や、上や下や、後ろや前や、あちこちを見回して、
「つるさん、空って素晴らしいね。」
と話したくなりましたが、かめさんはじっと我慢しました。
まもなく、人里の上にやってくると、子供たちが野原で遊んでいました。
「見て、つるの背中にごみがついてるよ。」
と一人の子供が言いました。
「ほんとだ。ごみがついてる。」
と別の子が、
「ごみだ。つるの背中にごみだ。」
とまた別の子が言いました。
それを聞いて、かめさんはかっとして、ついつい
「僕は、ごみじゃない。かめだ。」と喋ってしまいました。
かめさんは、つるさんからすべり落ち、地面にぶつかってしまいました。バーン!
かめさんが、こうらにひびがたくさんあるのは、こんなわけです。

<<前のお話 ゆうかんなウサギ | ツルとカメ | 次のお話 サルカニひとりぽっち>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧