大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてください♪

童話

<<前のお話 ツルとカメ | サルカニひとりぽっち | 次のお話 しっぽの釣り>>

サルカニひとりぽっち

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

ある山に猿(さる)がポツンとひとりでいました。
海にはカ二がポツンとひとりぼっちでいました。
ある日猿はあんまりつまらなくって、海に行って見ようと思い、山を下りて海に行きました。
そしたら、ちょうど松の木があったので、それに登って枝に座りました。
遠くはどこまでも広々していて、近くは波が岩に当ってアワが飛び、いい気持だったので、
「海いうものはええもんだ。風はブ-ブ-吹くなり、波はドンドと打つなり」
といいました。
すると、下で、「ふ-ん」といって、返事をするものがいました。
誰だろうと思って下をのぞいてみたけれど誰もいません。
「おかしいなあ、そら耳かなあ」
と、首をかしげて、また、
「海いうものはええもんだ。風はブ-ブ-吹くなり、波はドンドと打つなり」
というと、また、下で、「ふ-ん」
といって、声がきこえました。
また下をのぞいて見たけれど、やっぱり誰もいません。
「おかしいなあ。たしかに返事がしたんだがなあ」
猿は松の木から下りて、あっちうろうろ、こっちうろうろ探してみたら、石がつんであるところをみつけ、上の石をちょこっと起こしてみたら、カ二が一匹いました。
「はあ、おったぞ。こら、カ二カニ、返事したのはお前か」
と聞きましたが、カニは何も言わずに石の間に逃げ込もうとしたので、
「なんだい、わしのことに返事なんぞして欲しくないわい」
と言って、石に間にまた石を置いて、かにを中に閉じ込めました。
それから猿は、また、松の木に登って、さっきと同じように周囲(まわり)を見まわして、
「海いうものはええもんだ。風はブ-ブ-吹くなり、波はドンドと打つなり」
というと、今度は、誰も返事するものはいなくなりました。
耳をすましたら、風と波の音だけが聞えて来ます。
「何だかつまらんなあ」
猿は松の木から下りて、おいていた石をとると、カニが石の間からひょっこり出てきました。
「カニ、カニ、お前もひとりぽっちだったんだね、ごめんな。」
というと、それから、また、松の枝に腰を下ろして、
「海いうものはええもんだ。風はブ-ブ-吹くなり、波はドンドと打つなり」と言うと、
「ふ-ん」と、返事が聞こえたので、猿は気分がよくなり、何度も何度もそうくり返しました。
夜になり、「やっぱり返事するものがいるとうれしいなあ。カニよ、明日もくるから、また、返事してくれよ。」
と言って、サルは山へ帰っていきました。

<<前のお話 ツルとカメ | サルカニひとりぽっち | 次のお話 しっぽの釣り>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧