大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてください♪

童話

<<前のお話 やまばと | ヘビのたま | 次のお話 タヌキとタニシ>>

ヘビのたま

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

むかし、むかし、おじいさんが、山からの帰り、小さな蛇が木の股に挟まって、苦しんでいるのを見つけました。
「大丈夫かい。今助けてやるからね。」
おじいさんは蛇を籠の中に入れると家に帰りました。
数ヵ月後、蛇は大きく成長し、もう家の中に飼っておくことは出来なくなりました。
おじいさんは、おばあさんに、
「もうこの小さい家では蛇を飼ってあげられないね。どうしたらいいかね。」
次の日、蛇は、金の玉を残して、どこかに消えてしまいました。
「この金の玉は何だろうね。」とおばあさん。
あら不思議、金の玉をこするとお金が出てきました。
おじいさん、おばあさん、一緒に住んでいる犬、猫もそのお金のおかげでおいしい食事が食べられました。
ある日、うわさを聞いた泥棒が金の玉を盗んでしまいました。
「あれは、蛇の形見だったのにな。」とおじいさんはがっかりしているのをみて、犬と猫は金の玉を捜しに行くことにしました。
かすかな匂いを追って川まで来ると、犬が猫に言いました。
「川向こうのあの家があやしいな。」
犬は、猫を背中に乗せると川を泳いで渡り、その家にたどり着いた猫は、ネズミを呼び寄せると、こう命じました。
「金の玉を見つけて持ってこないと食べてしまうぞ。」
ネズミたちは、恐ろしさのあまり、必死に家中を探し、とうとう金の玉を見つけ出しました。
犬は、猫を背中に乗せると川を泳いで戻りましたが、川の真ん中で大きな魚が飛び上がりました。猫はビックリして口にくわえていた金の玉を川の中に落としてしまいました。
犬と猫は、がっかりして川岸を歩いていると、網を引いている漁師に会い、猫は、すばやく網にかかったその大きな魚を口にくわえるとおじいさんの家に戻りました。犬はその後を追いかけました。
「生きていたか。突然いなくなったものだから大そう心配したぞ。」
「あの不思議な金の玉を見つけましたが、川の中でなくしてしまいました。」
「気にしなくていいよ。無事に帰ってきたんだから。よかった。よかった。」とおじいさん。
猫は、魚を土間に置くと、おばあさんに言いました。
「川でつかまえました。夕飯に食べてください。」
おばあさんが、包丁で魚のお腹を切ってみると、何とあのなくした金の玉が出てきました。
それからおじいさん、おばあさん、犬、猫はまた幸せになりました。

<<前のお話 やまばと | ヘビのたま | 次のお話 タヌキとタニシ>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧