大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてください♪

童話

<<前のお話 スズメとキツツキ | やまばと | 次のお話 ヘビのたま>>

やまばと

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

むかし、むかし、いつも言われたことと反対のことをする男の子がいました。
山に行けと言われれば、川に行き、畑に行けと言われれば、たんぼに行きます。とてもへそ曲がりの男の子でした。
父親は、息子のことを心配するあまり、病にかかり、とうとう亡くなってしまいました。
死に際、父親は、息子は決して言うことを聞かないと思い、わざと、こう言いました。
「わしが死んだら、川の近くに埋めてくれ。」と。
男の子は父親が亡くなって初めて、自分が間違っていたことに気がつきました。
「おらが悪かった。おとう、許してけれ。許してけれ。」
男の子は、父親に言われたとおり川の近くに墓を造りました。でも雨が降ると、川が土手まであふれてきます。男の子は心配でたまりません。
ある日、雨がとても多く降り始めました。
男の子は川に走りましたが、お墓につくと雨が止みました。でも家に戻ると、また雨が降ってきました。男の子はまた川に走りましたが、お墓につくと雨が止みます。
でも家に戻ると、また雨が降ってきます。また男の子は川に走りました。でもお墓につくと雨が止みます。でも家に戻ると、また雨が降ってきます。
男は、川と家の間を行ったり来たり、もうヘトヘトです。
「おとう。鳥になりてえだ。」
男の子が、そう願うと、空へ上がり、鳥に変わっているではありませんか。
山鳩は雨が降りそうになると、父親(てて親)のことを思って、「テテポッポ、テテポッポ」とさえずります。

<<前のお話 スズメとキツツキ | やまばと | 次のお話 ヘビのたま>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧