大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてください♪

童話

<<前のお話 アリとハチ | クラゲにほねのないわけ | 次のお話 ムカデのかいもの>>

クラゲにほねのないわけ

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

むかし、むかし、竜宮のお姫様が病気になり、占い師からこう言われました。
「さるのきもを食べれば、よくなるでしょう。」
父親である竜宮王は、くらげにさるを連れてくるよう命じました。
くらげが島に着いたとき、さるは木の上で海を眺めていました。
「さるさん。竜宮に遊びに来ない。」
「行きたいけど、ぼく泳げないんだ。」
「私の頭に座ってれば大丈夫よ。」
くらげは、さるを頭の上にのせ、軽やかに海の上を泳ぎ始めました。
「殺されて、きもを取られてしまうことを知らないなんて、何て馬鹿なさるなんでしょう。」
と頭の上の陽気なさるのことを思い、くらげは、ついついしゃべりたくなって、
「さるさん、実を言うと、お姫様がご病気で、あなたのきもが必要なの。」
「何。」と驚きましたが、落ち着いたふりをしました。
「どうして、島を出る時に言わなかったんだい。僕のきもはまだ木に掛けたままだよ。」
「じゃ、すぐに戻らなくては。」とくらげは言うと、すぐに島に戻りました。
さるは、島に着くと、くらげから飛び降り、木にすばやく登りました。
「何て馬鹿なくらげなんだ。きもは体から取れないんだよ。」とさるはくらげに言いました。
くらげはがっかりして竜宮に戻ると、このことを王様に話すと、
「罰を与える。」と言い、百叩きの刑を命じました。
そんなに叩かれたもんですから、くらげはゼリーのようなお魚になってしまいました。

<<前のお話 アリとハチ | クラゲにほねのないわけ | 次のお話 ムカデのかいもの>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧