大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてください♪

童話

<<前のお話 やまにいたクジラ | ネコのおかみさん | 次のお話 ウシのよめいり>>

ネコのおかみさん

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

むかし、むかし、あるところに農夫が住んでいました。
正直者でしたが、いつも貧乏で、四十歳をすでに超えていましたが、妻はありませんでした。
ある雨の晩、家の外でねこがないているのを耳にしました。
「にゃーん、にゃーん」
「どこのねこだろう。大雨で迷子になったに違いない。」戸を開けてやりました。
「お前はどこのねこだ。おっと、お前はお隣の金持ちの家のねこだな。どうしたんだい。」
男は、手ぬぐいで濡れた毛を拭いてやり、残りご飯をやりました。
男は、これ以上にないほど優しくねこをかわいがり、ふとんにもねこと一緒に入りました。
「貧乏で、おいしいものはないけど、お腹はすかせないからね。」
ある晩、男はねこに言いました。
「ねこちゃん、野良仕事をしている間に、小麦をひいてくれるとありがたいな。」
次の日、仕事から戻ると、何と、ねこがウスを使って小麦を挽いているではありませんか。
「たまげたな!ねこが小麦をひくなんて、お前は素晴らしい!お前のようなねこがいてくれてうれしいよ!」
男は、小麦粉をだんごにして、ねこと一緒に食べました。
三日後、ねこが突然言葉を発しました。
「ご主人さま、私は役立たずで、前の家を追い出されました。ねこである限り、十分なお手伝いはできません。そこで、人間になれるようにお伊勢参りに行ってこようと思います。」
男はびっくりしましたが、
「そこまで考えてくれるとは、お前はやさしいねこだね!人間になれるといいね。」と男は言って、首に財布をしばってあげました。
数日後、ねこは願いがかない美しい人間となって戻ってきました。
それから男と結婚し毎日一生懸命働いたので、とうとう村一番のお金持ちになりました。

<<前のお話 やまにいたクジラ | ネコのおかみさん | 次のお話 ウシのよめいり>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧