大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてください♪

童話

<<前のお話 ネコのおかみさん | ウシのよめいり | 次のお話 きんをうむカメ>>

ウシのよめいり

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

むかし、むかし、ある町に美しい娘がおりました。
結婚する年頃で、娘は小さな神社で神さまに良縁をお祈りしました。
「神さま、素敵な人と出会えますように。」
一方、金太という若者が神社で昼寝をしていると、かわいい娘がお祈りしているのを耳にして目が覚めました。
金太は、神さまのお言葉を信じれば、自分と結婚するだろう、という考えが浮かびました。
「これ、娘。」金太は、ささやき声で言いました。
「はい。どちら様でしょうか。」
「私は神さまだ。そなたはどこに住んでおる。名は何と申す。」と金太が偽の神さまにばけて言いました。 「私は、町に住む商人の三女です。名はお里と申します。」
「誰と結婚したいのだ。」
「それこそ私の知りたいことです。」
「よかろう。それでは隣村の金太という者と一緒になるのがよかろう。」
娘は、驚いて家に帰りこのことを両親に話しましたが、残念ながら、両親は金太もその親も気にいりませんでした。
でも娘は神のいうことに従うことにしました。
婚礼で家を離れるその日、娘はかごに乗って運ばれて道を行くと、たまたま、馬に乗った領主がかごを担ぐ二人の男を目にしました。
気にかかり、かごの戸を開けるよう命じました。花嫁衣裳を身にまとった美しい娘を見てたいそう驚き、すっかり気に入ってしまいました。
娘も人目で領主を好きになり、領主は、そこにいた子牛を娘の代わりにかごに乗せると、偽神の住む家に送らせました。
金太の家にかごがつき、さっそく家の中でかごが開けられると、子牛は飛び出し、部屋中を走り回りました。
金太は自分の不用意な言葉で罰を受けたのです。
「神さま、お許しを!」金太は気が来るわんばかりでした。
それから娘は領主と幸せに暮らしました。

<<前のお話 ネコのおかみさん | ウシのよめいり | 次のお話 きんをうむカメ>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧