大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてください♪

童話

<<前のお話 ウシのよめいり | きんをうむカメ | 次のお話 キツネとタヌキとウサギ>>

きんをうむカメ

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

むかし、むかし、あるところにとても貧しい老夫婦がおりました。
一方、となりにはとても裕福な老夫婦がおりました。
新年を数日後に控えて、お金持ち夫婦はおもちをついたり、料理を作ったり準備に大わらわでした。
一方、貧しい老夫婦は食べるものさえなかったので、海辺に座って、どうしたものか途方に暮れていました。
すると、美しい天使が海から現われて、言いました。
「どうしてそんなに悲しい顔をしているんですか。竜宮城へいらっしゃい。」
「私たち、貧乏人を招いてくれるなんて、これほどうれしいことはありません。」二人は驚きました。
天使が手を叩くと、三匹のカメが海から出てきて、二人はそれぞれのカメの背に乗り、竜宮城へ潜っていきました。
美しいお城を見るのは初めてで、我を忘れて喜びました。そして、踊ったり、音楽を聴いたり、おいしいものを食べたりして数日を過ごしました。
ようやく村での暮らしを思い出し、ひと月後、おばあさんがおじいさんに言いました。
「そろそろお暇(いとま)しましょう。」
二人は天使に頼みました。
「天使さん。心からありがとうございます。地上の村に帰ろうと思います。」
「残念ですね。でもそうしたいのなら、卵を産むカメをあげます。」
二人は、小さなカメをもらって家に帰り、カメに毎日えさを与えて大事に育てました。
すると、驚いたことに、数日後、毎晩、金の卵を産みました。うわさはたちまち隣の金持ちにも広がり、
「金を産むカメを飼っているそうだな。今晩、貸してくれ。」
二人は貸したくはなかったのですが、金持ちは強引にカメを持っていってしまいました。
でも金持ちががっかりしたことに、金は出さず、普通のうんちだけだったので、金持ちはたいそう腹を立てて、カメを大きな石に投げつけ殺してしまいました。
これを聞いて、貧しい夫婦は亡骸(なきがら)を家に持ち帰り、庭のみかんの木の下に埋めてやると、なんとみかんの木はどんどん大きくなり、秋には沢山の実がなりました。
「何て見事で、きれいなみかんでしょう!」
皮をむいて食べてみると、金の種が入っていました。
何百個の金のみかんを収穫して、幸せで豊かな晩年を送りました。

<<前のお話 ウシのよめいり | きんをうむカメ | 次のお話 キツネとタヌキとウサギ>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧