大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてください♪

童話

<<前のお話 きんをうむカメ | キツネとタヌキとウサギ | 次のお話 せんびきオオカミ>>

キツネとタヌキとウサギ

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

むかし、むかし、山間の町に飛脚が住んでおり、飛脚は毎日、木の箱に手紙を入れて、町から町へ、村から村へ運びました。
その箱にはお昼のおむすびも入っていました。
ある日のこと、森の中を急いでいると、キツネとたぬきとウサギが飛脚を見て、
「おむすび食べたいな。」とウサギが言いました。
「僕も。あの人を見るたびにそう思う。」とたぬきが言い、
「いい考えがある。」とキツネが言うと、それを教えました。
ウサギは飛脚が来る道の真ん中に座りました。
ウサギが道に座っているのを見て、飛脚は駆け止まってウサギを捕まえようとしました。
その瞬間、ウサギはちょっと先に跳んで、また道に座るので、それをみた飛脚は何度も捕まえようとしても捕まりません。
「怒ったぞ。絶対捕まえてやるからな。」飛脚は木箱を木の枝に掛け、さらに本気になって捕まえようとしました。
その間に、たぬきがすばらく木箱を盗み森の中に持って行きました。
「よくやった。」うれしそうにキツネが言うと、ウサギも戻ってきて、さっそく木箱を開けると、手紙とおむすびが五つありました。
「ウサギさん、一つやるよ。たぬき君、君にも一つやるよ。」キツネが言いました。
おむすびはまだ三つ残っており、
「どうしよう。もう一つあれば、みんな二つずつ食べられるのにね。」とキツネが言いました。
「ちょっと待って。手紙の中に名案があるかもしれない。」
キツネは手紙を一通開けました。
「書いてある。読むから、聞いて。『ウサギさんとたぬき君には一つずつです。残りはキツネさんのものです。わかった。』」
「わかった。」ウサギとたぬきが言い、キツネは一人でおむすび3つ食べてしまいました。

<<前のお話 きんをうむカメ | キツネとタヌキとウサギ | 次のお話 せんびきオオカミ>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧