大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてください♪

童話

<<前のお話 キツネとタヌキとウサギ | せんびきオオカミ | 次のお話 だまされたキツネ>>

せんびきオオカミ

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

むかし、むかし、ある所に着物商人が住んでおりました。
ある日の夕方、山道を帰宅途中、おおかみの遠吠えが聞こえ、声はだんだんと近づいて来て、おおかみの数はどんどん増えています。
「どうしよう。」周りを見ると、大きな木がありました。
「この木に登ろう。」
商人は木の枝に腰掛けました。
「何と言うことだ。」
千匹ものおおかみが木を取り囲み、吠えながら、飛び掛ろうとしました。
「木に登っている者をつかめるのは無理じゃ。頭のいい猫に良策を聞いてみよう。」とあるおおかみが言い、
「そうしよう。」と別のおおかみ。
数匹のおおかみが森の中に入って行くと、すぐに猫を連れて戻ってきました。
「ネコ様、あの木の上の男をつかまえるにはどうしたらよいでしょう。」
「うーん。そうだ。おおかみのイスを使いなさい。」
一匹の大きなおおかみが木の下の地面に横たわりました。
その上に次から次へとおおかみが重なっていきました。十匹のおおかみが重なりました。
商人はとても恐ろしくなって、木の穴の柔らかいものを必死でつかみ出しました。
「何をする。」と穴の中の熊が叫ぶと、地面に落ちてしまい、おおかみ達は熊に襲いかかりましたが、熊の方がおおかみより断然強いです。
「何と強い奴じゃ。」
とおおかみ達は言うと、森の中に逃げて行きました。
「おそろしや。おそろしや。」
商人は、木を降り、無事に家に戻りました。

<<前のお話 キツネとタヌキとウサギ | せんびきオオカミ | 次のお話 だまされたキツネ>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧