大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてください♪

童話

<<前のお話 せんびきオオカミ | だまされたキツネ | 次のお話 スズメのひょうたん>>

だまされたキツネ

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

むかし、むかし、あるところに怠け者がおりましたが、妻は働き者でした。
師走も末になっても、男は新年の用意はしませんでした。妻は夫に言いました。
「明日は元旦ですよ。それなのに寝てばかりいるんだから、一体何を考えているの。」
「そんなにかっかしない。考えがあるんだ。」
大晦日、男はお墓に行き、泣いているふりをすると、その様子を見て、女の人が近づいてきました。
「どうしたんですか。」
「おい、お前は人間ではなくてキツネだな。尻尾が出ているぞ。騙せないぞ。」と笑いながら言うと、
「尻尾が出てる?ありゃ、本当だ。人間に何度化けても尻尾を隠せないんです。どうすればいいのですかね。」
「俺の家に来たら、尻尾を隠す薬をやるよ。でも酒とおもちだけは、お礼と言って持ってくるなよ。死ぬほど大嫌いなんだ。」
と言って帰って行くと、男は、黒と白の二匹の犬を家の中に隠して、キツネが来るのを待ちました。
キツネがやって来て、
「お墓にいたキツネです。薬をもらいに来ました。」
男は戸を開け、キツネを入れてやりました。
「すぐに薬を下さい。」
「クロ、シロ。出て来い。簡単に騙されるとはお前もおろかなものよ。」そういうと、中から犬が2匹出てきました。
キツネは犬に驚き、犬から逃げようと、必死になって山まで走り、なんとか難をのがれましたが、キツネは腹を立て、男が酒とお持ちが大嫌い、ということを思い出しました。
キツネはできる限りの酒びんとおもちを集めて家に投げ込み、男と妻は床に寝ながら、その物音を聞いていました。
元旦、家の中には山のような酒とおもちをありました。

<<前のお話 せんびきオオカミ | だまされたキツネ | 次のお話 スズメのひょうたん>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧