大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてください♪

童話

<<前のお話 スズメのひょうたん | カエルとヘビ | 次のお話 なぜエビの背中はまがっているのか>>

カエルとヘビ

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

むかし、むかし、神さまはすべての生き物を造り、みんなが仲良くやっていけるようにきまりを作ったということです。
神さまの仕事は生き物を造ることですが、すべての生き物に名前と生命も授けました。
でもまだそれぞれにどんな食べ物を与えるか、はっきりとは決めていなかったので、しばらくの間は、何も食べませんでした。
でもだんだんと元気がなくなり疲れを感じるようになりました。でもどうしてだかわかりませんでした。
一番かしこい生き物である蛇が言いました。
「元気でいるためには何か食べなくてはならない。今のこの感じが『空腹』というものだと思う。」
みんなは蛇にたずねました。
「もし、あなたの言うことが本当だとすれば、何を食べたらよいか教えてください。」
「僕にはわからない。でも僕たちを造ってくれた神さまなら何でも知っている。神様の所へ行って何を食べたらよいか尋ねてみよう。」
と蛇が提案したので、さっそくすべての生き物は神さまの所へいくと恐る恐る尋ねました。
「神さま、私たちを造ってくれてありがとうございます。でも私たちは何を食べたらよいかわかりません。どうか私たちに何を食べたらよいか教えてください。このままだとみんなじきに死んでしまいます。」
神さまは一つずつ、一匹ずつ、一頭ずつ生き物を造るのに忙しくて、そこまで考える暇がなかったので、神さまは生き物に向かって言いました。
「みなのもの、近頃ちょっと忙しくて気が回らなかった。申し訳ない。今夜考えることにしよう。明日の朝、皆に知らせよう。」
神さまのことばに大喜びな生き物たちは期待に胸を膨らませました。
次の朝、生き物たちは再び神さまの所へ急ぎました。もちろん蛇も、神さまの言葉を聞こうと、他の生き物より早く家を出たのですが、まもなくみんなに追いつかれてしまいました。その中にいたカエルが追いつきざま蛇に言いました。
「ねえ。蛇君。歩くのがのろいのね。もうちょっと速く歩いて、私と一緒に神さまの所へ行きましょうよ。」
「僕も一緒に行きたいけど、お腹がすいてて、とても君のようには歩けないよ。せいぜいこんな風に地面を這っていくことしかできないよ。」と蛇はカエルに言いました。 カエルは自分の誘いが断られたと思ったので、ちょっと腹が立ちました。
「いいわ、そう言うなら、後からついてきて私のお尻でもなめてなさい。」と捨て台詞をいうとカエルは蛇の前をピョンピョンと飛んでいき、あっという間にカエルは見えなくなってしまいました。
神さまは生き物それぞれに何を食べるか、こんな風に話していました。
「牛、馬は草を食べること。草はどこにでもあるから、これからはお腹がすくことはないだろう。」
「犬や猫は人間からエサをもらうこと。ちゃんと人間に仕えれば人間からごちそうをもらえる。」
「モグラは土の中の虫を食べること。土の中は夏涼しく、冬暖かい。」
そしてついにカエルの番がやってきて、神さまは言いました。
「カエルは虫を食べること。」これを聞いてカエルはほっとしました。虫なら簡単にどこでも食べられるからです。
上機嫌で立ち去ろうとした時、神さまが付け加えました。
「カエル、おまえはここへ来る途中、蛇をからかった。蛇にはお前の尻をなめさせることにしよう。お前がそう言ったから。お前の望みをかなえてあげよう。」
カエルはびっくりして、言いました。
「神さま、そんなにまじめに取らないでくださいよ。ほんの冗談ですよ。」
神さまがカエルに話しているちょうどその時、蛇が到着し神様の話を聞いており、カエルに後ろから近づくと、一気にカエルを飲み込んでしまいました。
それは蛇が望んだことではなく、神さまが決められたことなので、今でも、蛇はカエルを見ると後ろから一気に飲み込んでしまいます。

<<前のお話 スズメのひょうたん | カエルとヘビ | 次のお話 なぜエビの背中はまがっているのか>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧
[an error occurred while processing this directive]