大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてください♪

童話

<<前のお話 なぜエビの背中はまがっているのか | トラとキツネ | 次のお話 キツネとタヌキ>>

トラとキツネ

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

むかし、むかし中国に唐の国があり、大きなトラが住んでいました。その大きさから「おおトラ」と呼ばれ、動物たちはおおトラが怖くて、いつもお世辞をいっていました。たとえばこんな風に、
「おおトラさん、大きいだけでなく頭も良いのね。世界で一番頭が良いに違いないわ。」
おおトラはすっかり、自分は大きくて頭が良いと思ってしまいましたが、
そんなある日、年老いたトラがおおトラに言いました。
「お前さんはまったく頭が良いね。でも聞くところによると日本に頭の良いキツネと言うのがいるそうだよ。お前さんよりもずっと頭が良いそうだよ。」
それからというもの、「おおトラ」は自分こそ世界で一番頭が良いと思っていたので、キツネという頭のよい動物のことが気になりましたが、気にしないようにしていました。
でも動物たちがひそひそと陰で「頭の良いキツネ」のうわさをしているのが我慢できず、とうとうキツネに会いに日本に行くことにしました。
トラにとって海を渡るのは至難のわざでしたが、どうにか日本の浜辺にたどり着くことができました。さっそく森のキツネを訪ねてみました。
「君が頭の良いキツネさんかな。私はおおトラ、唐の国から来たんだ。君は私より頭が良いという噂だけど、世界一頭が良いのは私の方だと思うよ。ここに来た本当の理由はね、私の方が頭が良いってことを君に見せたいからだよ。」
キツネはちょっと驚きましたが、落ち着いていました。
「いいわ。そう言うことなら、森の外れまでかけっこしましょう。」
トラはその申し出にニコッとしました。走ることにかけては右に出るものはいません。大きくても太っていませんでしたから、稲妻のように走ることができるので、この競争にしめた、と思いました。
「位置について、用意、ドン!」
キツネの合図で、競争が始まりました。
言うまでもなく、キツネなんか相手にはなりませんので、勝利は決まっているのも同然です。
ところが、ゴール目前、何と、キツネみたいなのがずっと前を走っているんです。
「キツネが前を走っている? まさか。キツネに負ける?」トラはうなりました。
ゴールに入ったキツネが叫びました。
「勝った!勝った!私の勝ちよ。」
トラは自分が負けた事実を受け入れられず、「もう一回。」トラは雪辱戦を申し出ました。
「位置について、用意、ドン!」トラが合図しました。
「負けられない。負けるもんか!」
「ドン」の合図でトラは稲妻のように走り出し、必死です。前にキツネがいるわけがありません。今度は絶対勝利間違いなし。
ところが、ゴール目前になると、キツネが目に入ってきました。
「何?キツネ?まさか!」うなりました。
先にゴールしたキツネが言いました。
「勝った、勝った。トラさん、また負け。」トラはどうしても自分の負けが信じられないので「もう一回。」トラは言葉をしぼり出すようにして言いました。
こんな風にして二匹は何回も何回も走り続け、何回競争したのかわかりません。最後にはトラは息が切れてもう走れません。一方、キツネはまだまだ余裕で全然疲れた様子は見えません。
「頭の良いキツネ」の手口がわかりますか。実は、スタート地点とゴール地点にキツネが一匹ずつ居たのです。
トラはたいそう落胆し国に戻り、その後、小さくて頭の良いキツネのことを忘れることはありませんでした。おおトラは、キツネに仕返しのため、ネコを日本に送りこみました。
「頭の良いキツネは小さくて、森をすばやく走り回る。」としかネコはおおトラから教えられなかったので、そのためネコはネズミを見つけると捕まえて食べてしまいます。

<<前のお話 なぜエビの背中はまがっているのか | トラとキツネ | 次のお話 キツネとタヌキ>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧