大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてください♪

童話

<<前のお話 ジャックとまめの木 | しあわせの王子 | 次のお話 アラジンとまほうのランプ>>

しあわせの王子

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

むかしフランスのある地方に「幸福な王子」と呼ばれる美しい王子がいました。
ところが突然王子は亡くなってしまい、かなしみの中、国民は王子の銅像を町にたてました。
ある日エジプトへ渡る途中だったツバメは、その王子の像にとまっていると、王子はつばめに話しかけました。
「ああ、疲れた。少し休もう。エジプトまでもう少し頑張らなきゃ」
「ツバメくん、ツバメくん。お願いがあるんだけど。」
「え、誰かな、ああ。これは王子様ではないですか。お願いとはなんですか?」と、王子の銅像が話しかけていることに気がつきました。
「つばめくん。ほらそこに熱で苦しんでいる男の子がいるだろう。家が貧しくて薬も買うことができないんだ。僕はここで見ているだけしか出来ないけど、どうか僕の剣についているルビーを彼に渡してほしいんだ。」
「そうなのか。わかった。ルビーをもっていってあげるよ」
ツバメは王子の腰の剣のルビーをはずして、熱で苦しんでいる男の子のまくらもとに置きました。
「つらいだろうけど、がんばってね」
 ツバメはつばさで、男の子をそっとあおいで帰ってきました。
次に王子の眼の宝石を抜くようにつばめに頼み、一つは貧乏な作曲家へ渡しました。
「サファイヤだ!これで食べ物が買えるぞ」 貧乏な作曲家はとても喜びました。
もう一つの宝石は、こごえるマッチ売りの少女へわたされました。
「まあこれは宝石だわ。これでお父さんにぶたれずにすむわ」
マッチ売りの少女はとても喜びました。しかし銅像の王子は両目を失いました。
秋が深まってもつばめは王子といっしょでした。
「王子さま、僕はもう旅に出ません。ずっと、おそばにいます。そして、王子さまの目の代わりをします」
「ツバメくん。ありがとう」
 それからツバメは町中を飛び回り、貧しい人たちの暮らしを見ては王子に話して聞かせました。
「まだまだ飢えた子どもがたくさんいるこんどは私の体の金箔をはがして配りなさい」 つばめは王子の言うとおり体から金箔をはがし、貧しい人々に配りました。そしてとうとううす汚れた灰色の王子になってしまいました。
冬が訪れ雪が降り出し、寒さに弱いつばめは、王子に別れを告げると足元に 落ちて力つきました。その悲しみから王子の心臓もはじけてしまいました。
「こんな汚い銅像はとっとととりのぞけ!」
大臣は代わりに自分の銅像を作らせることにして、王子の鉛の心臓はつばめとともにごみ捨て場に捨てられました。
そのころ、天使がこの町へやってきました。
『あの町でもっとも尊いものを2つ持ってきなさい』
神様にそういわれていた天使たちはごみ捨て場から”王子の心臓”と”つばめ”を持ち天に向かいました。
ふたりは天国で「永遠の命」をさずかり天国の門を守りながら幸福に暮らしました 。

<<前のお話 ジャックとまめの木 | しあわせの王子 | 次のお話 アラジンとまほうのランプ>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧