大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてください♪

童話

<<前のお話 きたかぜのくれたテーブルかけ | わがままなきょじん | 次のお話 五にんのこども>>

わがままなきょじん

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

あるところにとてもきれいでおおきな庭のあるお屋敷がありました。
そこはとてもひろくていつも花が咲き、緑の下草は柔らかな絨毯のようだし、桃の木は甘い香りの花を咲かせ、秋には沢山のおいしい実をつけました。
小鳥達もこの庭が大好きで楽しい歌をうれしそうに歌いました。
その庭の入り口はきちんと鍵がかかっていたのですが、本当にとても綺麗な庭でしたから、密に茂った生垣きの小さな隙間を出入り口にして、いつも学校帰りの子供達が家に帰るまでの時間をその庭で過ごすようにしていました。
ところがある日、この庭と屋敷の持ち主である巨人が、遠くの友達の鬼のところから7年目にしてやっと帰ってきたのです。
巨人が懐かしい我が家に近づくにつれ、屋敷の庭のほうから、沢山の子供達の歓声や笑い声が聞えてきたので、巨人が固くしまった門扉を開けると、そこら中に小さな子供達が走ったり歌ったりして遊んでいるではありませんか。
「お前たち何をしている!だれがこの庭にはいっていいといったのだ!!」
突然聞えてきた大きな声に子供達はびっくりして逃げ出しました。」
そして巨人は庭を高い塀で囲み、こんな立て札を立てました。
『この庭に入ったものは厳罰を受ける』
巨人はひどく意地が悪くひねくれていたのです。

それからは学校帰りの子供達は、庭に入ることができずに、表の通りから以前よく遊んだ美しい庭のことを思い出したり話したりするばかりで、どこにも行く当てもなくうろうろと塀の周りを歩いたりしていました。 さて季節は巡り、やがて暖かな日差しの春がやってきました。
木や花のあるところにはどこにでも小鳥が歌い、明るい光や風の気持ちの良い頃になったのですが、あの美しかった巨人の庭はどうしたことでしょう、ちっとも花が咲きません。その塀の中だけはいまも冬のまま、地面には雪が積もったままでした。
そしてそのうち夏になりましたが、あの巨人の庭には夏もこないのです。やっぱり秋も来ませんでした。
巨人の庭は一年中冬のまま、
巨人はそれを不愉快に思い、いつも寒い思いをしながら文句ばかり言っていましたので、庭は一向季節の変わる様子がありませんでした。
ところがある日、巨人が朝目を覚ますと、なんだかとても気持ちの良い音楽が聞えてきたので、こんなに綺麗な音楽なんだから きっとえらい人の楽隊に違いないとおもって、窓のそばに行ってみると、気持ちの良い歌を歌っていたのは一羽の小鳥でしかありませんでした。
「ああそうか。やっと春になったんだ!!」
そう思った巨人はうれしくて身を乗り出して庭を眺めました。
塀で囲った巨人の庭にはどこから入ってきたのか、沢山の子供達が庭のすべての木の枝に座って喜びの歌を歌う小鳥達を手や肩に止まらせて楽しげに歌っているではありませんか。見れば緑の絨毯にもたくさんの花々が咲いています。
巨人はそれを見て、「ああそうだなぁ、やっぱりこうして沢山の子供達が楽しそうにしている庭のほうが、冷たくさびしい冬の庭よりずっといい。」と思いました。

そして楽しそうな子供達一人一人をにこにこして見回していましたが、ふと庭の隅のほうを見ると、そこはまだ冬のままのようで、冷たい木のそばには小さなひとりの男の子がぽつんと立っていました。
男の子はみんなが木に登っているのを見て、とてもうらやましそうでした。
その子を見た巨人は、自分の心に暖かなものの流れるのを感じて、今までの自分のしてきたことを本当に後悔し、あの男の子を木の上に座らせてやろう、そして塀を取り壊して子供達がいつでも遊べるようにしてやろうと思いました。
そう思って表に姿を現した巨人を見て、子供たちはまた大声で怒鳴られるかと思い、みんな一目散に逃げ出しました。
男の子はひどく泣いて目に涙をためていたので、巨人が来るのに気づきませんでした。
巨人は男の子を脅かさないように、やさしく抱き上げると、そっと木の上のほうの枝に座らせてやると、今までまったく何もない枝だけの木に、突然白い花が咲き、それを知って子鳥たちがやってきて楽しい春の歌を歌い始めました。
巨人の目に涙があふれ、それをみていた逃げ出した子供達は、全員戻ってきてたのしく愉快な歌を歌ったり踊ったりしてみんなで楽しいときを過ごすようになりました。

巨人は塀を取り壊していいました。
「さぁみんな。この庭は君達のものだよ。」
それから村の人たちは、その庭の前を通るたびに、美しい花々の中で沢山の子供達と大きな巨人が一緒に遊んでいるのをたびたび見るようになりました。
子供達も巨人も本当に幸せな日々を過ごしました。

<<前のお話 きたかぜのくれたテーブルかけ | わがままなきょじん | 次のお話 五にんのこども>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧