大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてください♪

童話

<<前のお話 ハーメルンのふえふき男 | きたかぜのくれたテーブルかけ | 次のお話 わがままなきょじん>>

きたかぜのくれたテーブルかけ

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

あるところに、ハンスという少年が母親と二人で暮らしていました。
あるとき、ハンスは、お母さんに頼まれ、小屋から小麦粉を取りに行き、小屋の扉を開けたとたん、そこに強い北風がぴゅーーーっと吹いて、粉の入った袋を飛ばしてしまいました。ハンスは袋を追いかけましたが、中にあった小麦粉はすっかり吹き飛ばされていてしまっていました。
そこでハンスはお母さんに粉を取り返してくるといって、走って北風の後を追いかけました。
そして、ハンスは声を大にして叫びました。
「うちの大事な小麦粉を吹き飛ばした北風よ!粉をかえせー!」
するとごおーっという地響きのように空気を震わせて北風が答えました。
「お前の家の小麦粉を吹き飛ばしただと?うーん・・、そうか、それなら粉を返さねばならないが・・、しかしここに小麦粉などはないのだ。仕方がないこれをやろう。」
そういって北風のなげてよこしたのは、一枚のテーブルかけでした。
「このテーブルかけはただのテーブルかけじゃない。テーブルにこのテーブルかけをかけて、こう言え。
『テーブルかけよ、おいしい食事を出してくれ。』するとうまいご馳走が山のように出てくるぞ。」
ハンスは大喜びでテーブルかけを拾い、大声で北風にお礼を言うと、いそいで家を目指して走り始めました。
ところが、昼から走ってきたので、あたりはもうすっかり暗くなり、ハンスはくたびれていたこともあって近くの宿屋に泊まることにしました。そして部屋にはいり、テーブルの上に北風からもらったテーブルかけをかけると、いすにすわって言いました。
「テーブルかけよ、おいしいご馳走をだしてくれ!」
すると、テーブルの上にはハンスがこれまで食べたことも無いような素晴らしいご馳走がたくさん並べられ、ハンスは大喜びでおなかいっぱい食べて、大満足したのですが、その様子をドアの隙間から 宿屋の主人のおかみさんが見ていました。
「まぁ!!あのテーブルかけがあれば、料理しなくてもいいし、食事代をもらっても買い物をしなくていいからその分おおもうけだわー!」
おかみさんは早速主人にこのことを話し、ハンスがつかれてぐっすり眠っている間に同じようなテーブルかけと北風のくれたテーブルかけをすりかえてしまいました。

翌日、家に帰ったハンスはすぐにテーブルかけをテーブルの上に広げ、不思議がっているお母さんを前に、テーブルかけにご馳走を出すように言いました。でも、テーブルの上には昨日の晩、ハンスが食べたようなご馳走どころか、パンの一枚も出てきません。
なんどやっても何も出てこないテーブルかけをひっつかんで、また北風のところへやってきました。
「おおい!北風や!このテーブルかけは役に立たない。やっぱり小麦粉をかえしてくれ!」
「テーブルかけでは駄目か。だがここには小麦粉などないのだ。うーん、困ったな。よし、それではこれをやろう。」
北風がそういい終わると、一頭の羊がとことこと出てきました。
「羊をつれてかえって羊にこういってみろ。『羊よひつじ。金貨をたくさん出してくれ。』そうするとお前の目の前に金貨の山ができるぞ。」
ハンスは大喜びで羊といっしょに家に戻ることにしました。しかし、やっぱり帰りの途中で暗くなったので、またあの宿屋に泊まることにしました。宿屋の主人は、羊と一緒に泊まりたいというハンスの言葉に、またハンスをじろじろと眺めながら、お金はあるのだろうかと心配になりましたが、このあいだハンスから盗んだ北風のテーブルかけでだしたご馳走をハンスの部屋にもって行き、しばらく様子を見ていました。 たっぷりとおいしい食事をしたハンスは、羊にむかってこういいました。
「羊よひつじ、金貨をたくさん出してくれ。」
すると北風のくれた羊はメエっとないたとたん、ばらばらと金貨を吐き出しはじめました。
見る間に金貨の小山がハンスの前に出来たのをみて、宿屋の主人とおかみさんは、すぐさまハンスが連れてきた羊と同じような格好の羊を連れてきて、ハンスが寝ている間に入れ替えてしまいました。

翌日、家に戻ったハンスは、お母さんをよんで、羊に命令しましたが、羊はめえめえとなくだけで、金貨など一枚も出しはしません。
怒ったハンスは羊を連れて急いで、北風のところに行きました。
「おおい!北風や!この羊は役に立たないぞ。羊は返すから、はやく僕の小麦粉を返してくれ!」
「羊も駄目か。だがここには小麦粉などないのだ。よし、それではこれはどうだ?」
北風がそういい終わると同時に、一本の杖が落っこちてきました。
「この杖は魔法の杖なのだぞ。この杖にむかってこう言ってみろ。『杖よつえ。悪い奴をぶん殴れ。』そうするとそのとおりになるのだ。」
ハンスは杖をもらったところでおなかいっぱいにはならないと思いながらも、悪い奴をぶん殴る杖というのを見たいこともあって、しぶしぶ杖をひろって家に戻りました。
北風にもらったものが家に帰るとつかいものにならなくなっていることに気づいたハンスは、今度もあの宿屋に泊まると、その日はすぐにベッドに入り、寝ているふりをしていました。
その日も夜中に、宿屋の主人とおかみさんがやってきて、そうっとハンスの泊まっている部屋に忍び込むと、ハンスが持っていた杖をしずかに抜きとって、持ってきた杖とすりかえようとした時、ハンスはそっとさけびました。
「杖よつえ!悪い奴らをぶんなぐれ。」
すると杖は飛び上がり、息つくまもなく宿屋の主人とおかみさんをビシバシとたたき始めました。
「わあ!痛い!いたい!」「きゃあーいたいー!痛いよー!」
二人は逃げることも出来ずになきながらハンスに言いました。
「悪かったよ、テーブルかけも羊も返すから、頼むからもう止めてくれ。あ痛い!いたたたた!」

ハンスはテーブルかけと羊を取り返し、家に戻ると、テーブルにテーブルかけをかけて、今まで食べたことも無いおいしい素晴らしい食事をお母さんと一緒に食べ、羊の出した金貨を山ほどお母さんにわたし、言いました。
「さぁこれからはこの杖もあるから、悪い奴らも怖くない。北風からもらった三つの宝物で、ずっと幸せに暮らせるよ、よかったね!」

<<前のお話 ハーメルンのふえふき男 | きたかぜのくれたテーブルかけ | 次のお話 わがままなきょじん>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧