大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてください♪

童話

<<前のお話 おうさまの耳はロバの耳 | ネズミのおんがえし | 次のお話 ひきょうなこうもり>>

ネズミのおんがえし

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

むかしむかし、ライオンが寝ているとその体にねずみが駆け上がりました。
ライオンは起き上がってねずみを捕まえました。
ねずみはライオンに頼みました。
「どうか許して下さい。もしも命を助けて下さるならきっといつかご恩返しをします。」
小さなねずみがどうやってライオンに恩返しをしようというのでしょう。
ですが、あまりに一生懸命な様子にライオンは笑いながらねずみをはなしてやると、ねずみは何度も振り返りライオンにお礼を言いました。
それから間もなくの事、ライオンは人間の仕掛けたワナに捕らえられてしまいました。
ライオンのうめき声を聞きつけたねずみが駆けつけて、あのねずみがやって来ました。
「ライオンさん!」
「おお、あの時のねずみ君か」
「今なわを噛み切りますからね!」
と縄をかじり、ライオンを助けたのです。
ねずみはライオンに言いました。
「あの時あなたはこんな小さな私が恩返しなど出来るわけが無いと思っていらしたようですが、こんな私でもお役に立てる事もあるのですよ。」
このように思いがけない人に助けられる事があるものなのです。

<<前のお話 おうさまの耳はロバの耳 | ネズミのおんがえし | 次のお話 ひきょうなこうもり>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧