大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてください♪

童話

<<前のお話 おやゆび姫 | あかいくつ | 次のお話 ゆきのじょうおう>>

あかいくつ

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

あるところにとてもうつくしい女の子のカーレンというものがおりました。
カーレンとその母親はとてもまずしく、夏も冬も履くものがなく、女の子の足の甲はいつも真っ赤にはれていました。 おんなの子があんまり可哀想だったので、村に一件あるくつ屋のおばあさんが赤い古ぎれでくつをぬいはじめました。 おばあさんが女の子にそのくつを届けた日は偶然にもカーレンの母親の葬式の日でした。 カーレンはそれしかはくものがなかったので、お葬式にもその赤いくつをはいて行きました。 牧師さんとカーレンはとぼとぼと、みすぼらしい棺のあとを歩いていると、馬車に乗った大柄の老婦人が頭を出して牧師さんに 「その子にいくところがないのなら、わたしがひきとってもかまわないでしょうか。たいせつに育てます」と言いました。

こうしてカーレンはおくさまのお屋敷にひきとられることになり、おくさまはみすぼらしい洋服とともに赤いくつもすて、かわりに、きれいなくつや服をカーレンに与えました。
大きな屋敷でカーレンは裁縫をしたり、読み書きをしたりして暮らし始め、お屋敷にやってくる誰もが、「まあなんてきれいなお子さんでしょう」といいました。 成長したカーレンは、教会の一員になるための堅信礼(けんしんれい)を受けることになったので、堅信礼のためにおくさまはカーレンをつれて、町へでかけ、洋服をあつらえ、靴屋にはいりました。 そこでカーレンは一足のくつに目をとめました。それは、赤い、ピカピカ光るうつくしいくつでした。 カーレンはこの靴がほしいとおくさまに言うと、おくさまは年をとりすぎていて目が悪かったので、そのくつが赤いとはわからず、それをカーレンに買い与えました。 堅信礼に赤いくつで出席するなんていうことは許される事ではありませんでしたから、そのくつの色がもしも赤とわかったのならおくさまはきっと買ってくれなかったにちがいありません。  礼拝堂にあつまった人達も牧師さんも、カーレンの足下をみつめました。 その日、教会に集まった人々からカーレンの靴が赤かったことを教えられたおくさまは、あわててカーレンに言いました。
「おまえ、教会に赤いくつなど二度とはいていってはいけないよ。必ず、黒いくつをおはきなさい」
「・・・はい。わかりました」
カーレンはそう返事をしましたが、でもしばらくたっておくさまが重い病気で寝込んでしまうと、カーレンはいつも赤い靴をはいて教会へ行ったのです。 教会では人々はまたカーレンの足下をじっとみつめました。 礼拝の間中、カーレンは赤いくつのことばかり考え、賛美歌を歌うときも上の空、祈りもわすれてしまいました。

 そのうち、町で舞踏会がひらかれることになり、カーレンのもとにも招待状がとどきました。 おくさまの看病ができるのはカーレンしかいないというのに、カーレンは舞踏会のことばかりを考えています。 そして赤い靴をはいて、舞踏会に向かう途中、急にカーレンの足はおどりはじめ、止めようと思っても止まりません。しかも赤いくつはカーレンの気持ちと反対の方向に進みます。 とうとう、踊りながら、町外れの暗い森まで来ましたが、赤いくつが勝手にどんどん森の中まではいっていくではありませんか。 くつを脱ぎ捨てようとしてもまるでくつが足の一部であるかのようにびったりとくっついて離れないので、脱ぐこともできず、そのまま森をぬけ、畑をすぎ、草原をこえ、カーレンは踊り続けました。 雨が降り、風が吹き、かんかん照りになっても踊り続けました。 やがて墓地へとはいっていき、カーレンはどこかで休みたかったのですが、赤いくつは休ませてくれません。 墓地をでて、教会の入り口にさしかかった時に、長く白い着物を着た天使がたっているのが見えました。
天使は「ほう、何ともきれいなダンス靴だな。お前が心を入れ替えない限り、そのダンス靴は踊り続けるだろう」
こういうと、赤い靴のダンスは、ますます激しいものとなりました。
「ごかいです。ゆるしてください」カーレンは叫びましたが、むだでした。
赤いくつはおどりつづけ、いばらのなかも、森のなかも、つめたたい川も、どこでもかまわず赤いくつは進んでいきました。カーレンの手足は傷だらけになりましたが、それでもカーレンは踊りつづけなければなりませんでした。

「あぁ、かみさま。どうかわたしを救ってください。ああ、おくさま、ごめんなさい」
カーレンは祈り、あの優しかったおくさまの病気が悪くなったのも、自分が看病をしなかったせいだと初めて思ったのです。
すると急にまわりがあかるくなり、いつかカーレンが見た白い天使がはいってきました。 部屋はどんどん明るくなり、壁はひろがり、天井は高くなり、やがてカーレンの目に賛美歌を演奏するオルガンや、つらなる椅子や、牧師さんの家族がみえました。 ひかりはゆっくりと明るさをまし、カーレンをつつみこみ、カーレンの魂はよろこぴに満たされてお日様の光とともにかみさまのもとへとのぼっていきました。

<<前のお話 おやゆび姫 | あかいくつ | 次のお話 ゆきのじょうおう>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧