大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてください♪

童話

<<前のお話 みにくいアヒルの子 | おやゆび姫 | 次のお話 あかいくつ>>

おやゆび姫

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

むかし、ある女の人が子どもをさずかりたいと思っていましたが、いっこうにかなわないので、魔法使いのおばあさんのところへ行き、言いました。
「かわいい子どもがほしいのです。どうすれば子どもが出来るのですか。」
すると、魔法使いのおばあさんは、
「そんなことはたやすいことよ。ごらんあれ、ここに一つぶの大麦がある。これをな、植木ばちの中に植えるのじゃ。すると、何かが起こるはずじゃよ。」
女の人はお礼を言って、急いで家に帰り、麦を植えると、おどろいたことに土の中がもぞもぞ動き、芽がのびてきて、にょきにょきのびて、はっぱをつけました。それからもどんどん育ち、あっという間に大きな赤色のつぼみをつけました。
「きれいなお花ね。」
と、女の人は赤い花びらにキスをすると、ぱっと花が咲き、チューリップが咲いたのです。 よく見てみると、花の真ん中に人がいることに気がつきました。小さな女の子がかわいらしく座っており、おやゆび半分の大きさしかありませんでした。あまりにも小さいので、『おやゆび姫』と呼ばれることになりました。
 それからおやゆび姫はクルミのからの上に、花びらをふとんにしたベッドで眠りました。また、こんな小さいおやゆび姫でも得意なことがあります。上手に、甘くやさしく歌えるのです。

ある夜、おやゆび姫がベッドの上でぐっすりねむっていると、大きなみにくいヒキガエルが一ぴき、部屋の中に入ってきました。
「かわいい子だわさ。息子のおよめさんにちょうどいいだわさ。」
と、ヒキガエルは言って、おやゆび姫がねむったままのクルミのからを持ちあげ、連れて行きました。小川の岸のぬまにヒキガエルはむすこといっしょに住んでおり、むすこガエルは母ガエルよりもっとみにくくて、おやゆび姫を見ても、「ゲーコ、ゲーコ、ゲーコ。」と鳴くだけでした。  小川の底からたくさんのハスが生えており、母ガエルはねむったままの親指姫をはすの葉の上に乗せておきました。朝、おやゆび姫は目をさまして、いつもと違う場所にいるので悲しくなり、わんわんと泣きだしました。 母ガエルがやってきて、おやゆび姫におじぎして言いました。
「こいつが私のむすこだわさ。あんたのおむこになるんだわさ。この小川のぬま地で幸せに暮らすんだわさ。」 親指姫はハスのはっぱの上に座ってしくしく泣きました。その近くにいたメダカたちがおやゆび姫の美しさに驚き、こんな子がみにくいヒキガエルたちと暮らすなんてあんまりだ、と思い、ハスのくきをかみ切ったのでした。はっぱは川を流れていき、おやゆび姫はどんどん岸から遠ざかっていきました。
 やがて、大きなコガネムシが飛んできて、おやゆび姫をつかまえ、森に連れて行ってしまったので、それからおやゆび姫は夏のあいだ、広い森の中、ずっとひとりぼっちでした。

ある日、おやゆび姫は野ネズミの家を見つけ、「麦を一つぶだけでいいですからくださいませんか。」と頼んでみると、野ネズミは、「こりゃあ、ふびんなむすめさんじゃ。さぁ、部屋にお上がりよ。ごはんをいっしょに食べましょう。」 野ネズミはおやゆび姫がとつぜん来たにもかかわらず、とても喜び、そして、こう言いました。 おやゆび姫はおん返しのつもりで、野ネズミからたのまれたことは何でもこなし、楽しい毎日を送りました。
 野ネズミの家の近所にはお金持ちのモグラが住んでおり、このモグラはおやゆび姫を見ていっぺんに好きになってしまいました。

ある日、親指姫は地面に倒れているツバメを見つけ、ツバメはつばさにけがをしていて動けなかったので、親指姫が毎日熱心に世話をしてあげ、ツバメもだんだんと元気を取り戻してきました。やがて、ツバメは旅立つ時がきました。
「親指姫、あなたのおかげでまた飛べるようになりました。本当にありがとう。君なら、ぼくの背中に乗れますよ。ぼくといっしょに、遠くの『緑の森』へ行きましょう。」
「ツバメサンありがとう。でも野ネズミさんを一人にしておけないわ。ごめんなさい、遠りょしておきます。」そういいました。
「ごきげんよう、そしてさようなら。君はほんとに優しくかわいいおじょうさんだ。」と、ツバメは言い、太陽の光の中へ旅立っていきました。 ツバメを見送るおやゆび姫の目には、なみだが浮かんでいました。本当はおやゆび姫はあのツバメが大好きだったのです。 ツバメが旅立ってからすぐに、野ネズミは親指姫に言いました。
「おやゆび姫、お前さん結婚するんじゃよ。モグラさんがね、お前さんが必要なんじゃって。なんて運がいいんじゃろね、大金持ちになるんじゃから。」
 しかし、おやゆび姫はちっとも嬉しくありません。というのも、土の中奥深くに住んでいて、お日様が大嫌いなモグラがあまり好きではなかったからです。 『外の世界って、とってもきれいで、なんて晴れ晴れしているんでしょう。』と、おやゆび姫は思いました。 『大好きなツバメさんにもういちど会いたいのです』 おやゆび姫は強く願いましたが、もうツバメはいないので、しくしく泣きました。
いよいよ結婚式の当日に、モグラはおやゆび姫を地中深くに連れていくつもりでした。 地中深くに行ってしまう前に、最後の一回、と親指姫はお日さまを見に行き、「さようなら、明るいお日さま。」と、声を張りあげ、お日さまへ腕をぴしっとまっすぐのばしました。 すると、空にはあのツバメが飛んできて、おやゆび姫を見つけると、すぐによろこんで地面におりたちました。
「ぼくはこれからまた南の国へと旅立つんです。いっしょに行きますか?飛びだして、山を越えて、あたたかい南の国へ、お日さまがさんさんと照り輝く場所へ飛んでいくことができる。花たちはとてもゆうがに咲き乱れているんです。ぼくといこう。」
「――ええ、あなたといっしょに行きます。」と、おやゆび姫はツバメの背中に座って、大空へと舞い上がりました。

こうして、親指姫とツバメはあたたかい国にたどりつきました。ツバメはおやゆび姫を大きな花の上に乗せました。 花の真ん中に、おやゆび姫と同じくらいの背の高さの人がいたので、おやゆび姫はとてもびっくりしました。 実は、その人は花の妖精で、妖精の王子さまはおやゆび姫を見ると、とてもよろこびました。 それから親指姫は花の妖精の王子と結婚し、幸せにくらしました。

<<前のお話 みにくいアヒルの子 | おやゆび姫 | 次のお話 あかいくつ>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧